初陣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

初陣(ういじん)は日本における武士階級の子弟が初めて戦闘行為に参加することをいう。

初陣の年齢は個人差があるが多くの場合、元服前後の10代前半が多く、親は子供の将来の安寧を願い必ず勝てる戦いに参加させる傾向があった。例外的に遅い例としては毛利元就の20歳、長宗我部元親の22歳などがある。

現代では転じて、武士以外の軍人兵士などが初めて戦闘に参加することや[1]、選手やチームが初めて挑むスポーツなどの試合・競技[2][3]、未経験の事柄に臨むこと全般を指して使われることもある。

初陣の例[編集]

脚注[編集]

  1. ^ テレビアニメなどで登場人物の最初の戦いなどに名付けられている(銀河英雄伝説第27話「初陣」、キングダム第17話「初陣」、ソ・ラ・ノ・ヲ・ト第2話「初陣・椅子ノ話」、進撃の巨人第5話「初陣」、シドニアの騎士第1話「初陣」など)。
  2. ^ 大辞林 第三版(三省堂
  3. ^ 【侍ジャパン】台湾を4-2 小久保監督初陣飾る産経新聞 2013年11月8日)、ザックジャパン始動、初陣の成否は日経ビジネスオンライン 2010年10月6日)など。

外部リンク[編集]