愛宕百韻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

愛宕百韻(あたごひゃくいん)は、本能寺の変の直前に愛宕山明智光秀が張行した連歌である。「明智光秀張行百韻」「天正十年愛宕百韻」とも。

概要[編集]

天正10年(1582年5月24日(あるいは28日)、明智光秀が山城国愛宕山五坊の一つである威徳院で、明智光慶、東行澄、里村紹巴里村昌叱猪苗代兼如里村心前宥源、威徳院行祐と巻いた百韻である。発句は光秀の「ときは今 あめが下しる 五月かな」、脇は行祐の「水上まさる 庭の夏山」、第三は里村紹巴の「花落つる 池の流を せきとめて」。発句は、明智のの「土岐」をいいかけて、「雨が下」に「天が下」をいいかけて、主人織田信長の殺害という宿願の祈請のものであるといい、紹巴はこのために責問を受けたという。また発句の「あめが下しる」を「あめが下なる」に改めたという。

続群書類従に収める。

関連項目[編集]