旭川市立神居中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
旭川市立神居中学校
過去の名称 神居村立第一中学校(1947年5月16日~)
神居村立神居中学校(1949年4月1日~)
国公私立 公立学校
設置者 旭川市
校訓 ねばり強く たくましく
設立年月日 1947年5月15日
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 070-8014
北海道旭川市神居4条5-1-11
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

旭川市立神居中学校(あさひかわしりつかむいちゅうがっこう)は、北海道旭川市にある公立中学校

2017年に開校70周年を迎える。1970年代1980年代にかけて旭川市を代表するマンモス校となっていたが、神居東中学校忠和中学校の新設や少子化により現在は解消されている。

全国大会に幾度も出場経験のあるスキー部、女子バレーボール部、吹奏楽部などが有名。略称は「神居」、「神居中」。

基本情報[編集]

1947年5月15日開校[1]

基本的には旭川市立神居小学校旭川市立台場小学校旭川市立富沢小学校の3校の校区の卒業生が入学する(校区の項目も参照

スキー部、女子バレーボール部吹奏楽部などが有名(部活動の項目も参照

主な卒業生に、藤圭子玉置浩二鈴木貴久成田郁久美人物の項目も参照

施設[編集]

校舎[編集]

  • 鉄筋コンクリート、3階建

運動設備[編集]

生徒数・クラス[編集]

神居中学校の生徒数とクラス数は以下の通りである。

生徒数[編集]

学年 1組 2組 3組 小計 合計
第1学年 30 31 - 61 245
第2学年 28 28 29 85
第3学年 29 25 30 84
知的不安特別支援クラス 1 1 3 5
情緒不安特別支援クラス 6 4 0 10

2015年6月1日現在[2]

クラス[編集]

クラスの数え方は数字。「1年1組(例)」1組(例)」

  • 全学級:13クラス
    • 第1学年:2クラス
    • 第2学年:2クラス
    • 第3学年:2クラス
    • 知的不安特別支援クラス:3クラス
    • 情緒不安特別支援クラス:2クラス

2017年5月17日現在

校歌[編集]

旭川市立神居中学校には、校歌が存在する。

制定:1948年3月15日[3]
作詞:清水重造[4]
作曲:新野仁助[5]

歌詞は以下のホームページで閲覧可能
旭川市立神居中学校ホームページ 学校概要 沿革

校区[編集]

現在の校区[編集]

旭川市神居1~9条のうち1~10丁目
旭川市台場全域
旭川市高砂台全域
旭川市南が丘全域
旭川市神居町台場全域
旭川市神居町富沢全域
旭川市神居町富岡全域
旭川市神居町神岡全域
旭川市神居町豊里全域

校区の変遷[編集]

開校~1981年度[編集]

神居町神居古譚・神居町豊里を除く神居村全域

1982年度~1988年度[編集]

旭川市立神居東中学校の新設に伴い、神居1~9条の11丁目以降・神居町雨紛・神居町上雨紛・神居町神華を委譲する。

1989年度~2006年度[編集]

旭川市立忠和中学校の新設により旭川市忠和・旭川市神居町忠和を委譲する。

2006年度~現在[編集]

旭川市立豊里中学校の廃校により旭川市神居町豊里が編入される。

歴史[編集]

1947年昭和22年)4月1日学校教育法が施行。全国で次々に6・3制が導入されるなかで、国民学校であった神居村立神居小学校も現行の新制小学校と新たに設けられた新制中学校に分立。5月15日、神居小学校内に併設される形で「神居村立第一中学校」が開校。生徒数174名。初代校長・堀郁。現旭川市内では同月中に開校した常盤中聖園中永山中、神楽中、旭川中などと並び、新法令施行間もなく開校した。

1948年(昭和23年)3月15日校歌制定。作詞は清水重造、作曲は新野仁助。6月15日、初代校舎が落成し、神居小学校から独立した。

1949年(昭和24年)4月1日より、校名が「神居村立神居小学校」に改名される。

1951年(昭和26年)5月5日、神居中学校蛍雪郵便局が、郵政大臣より表彰を受ける。

1952年(昭和27年)11月15日、初代の屋内体育館が完成。落成式が行われた。

1954年(昭和29年)3月20日高松宮宣仁殿下が校舎を視察。10月27日、二代目校舎(現校舎)が落成した。

1955年(昭和30年)4月1日に、神居村江丹別村とともに旭川市編入合併される。同日に学校の設置者が旭川市となり、校名を現在の「旭川市立神居中学校」に変更。

1956年(昭和31年)2月5日スキー部が男女ともに「旭川市中学校連盟体育大会クロスカントリー大会」で総合優勝を果たした。以後17年連続優勝という市内において他校を寄せ付けない強豪校となる。8月5日、延べ4,200人、馬1,050頭が稼働され8年にも渡って行われてきた校庭埋立作業が完了する。総面積3,800坪。(陸上トラック1周200メートル。バレーボールコート2面。テニスコート1面。)

1957年(昭和32年)4月20日、新制中学校開校10周年記念行灯行列及び祝賀会を開催する。

1958年(昭和33年)8月1日PTAにより校旗入魂式が行われる。

1959年(昭和34年)8月9日、正面玄関の改装工事が開始する。

1960年(昭和35年)7月22日、屋外にあったバレーボールコートのバックネットが完成。

1963年(昭和38年)8月8日、技術室と理科室の増築改修工事が開始する。

1964年(昭和39年)6月12日、神居中学校PTAが独立し、中田敏郎氏が会長に就任する。

1965年(昭和40年)7月23日、最初の普通教室増築工事が開始する。

1966年(昭和41年)6月8日、第1回旭川市スポーツ大賞を受賞する。10月28日 、旭川市道徳研究会が開催される。

1967年(昭和42年)9月15日、開校20周年記念式典と祝賀会が行われる。9月16日、家庭科室が増築される。

1968年(昭和43年)8月27日、花壇コンクールに第1位で入賞する。12月1日科学クラブが第12回日本学生科学賞学校優秀賞を受賞する。

1969年(昭和44年)8月30日、鉄骨製の自転車置場が増築される。

1970年(昭和45年)8月30日、放送室改造。中庭保健室新設。

1971年(昭和46年)2月21日、校舎新築期成会総会が行われる。

1972年(昭和47年)1月25日、「旭川市中学校連盟大会」でスキー部が男子17年連続優勝、女子18年連続優勝という偉業を成し遂げる。

1973年(昭和48年)8月10日、男子バスケットボール部が「男子バスケットボール全道中学校大会」で優勝を果たす。8月10日、当校で書写・書道研究大会が開催される。10月1日、校舎を第二期大規模増築。9教室(鉄筋)とプレハブ1教室が新設される。

1976年(昭和51年)10月9日吹奏楽部が全日本吹奏楽コンクール北海道大会で金賞受賞。

1977年(昭和52年)5月17日、第三期増築工事着工。

1978年(昭和53年)1月19日、新校舎に移転。4月10日学校給食開始。5月15日、第2期増築工事完了。6月15日、開校30周年校舎第2期工事落成記念事業協賛会発足。7月13日、中連夏季大会テニス団体男子、剣道団体女子優勝。9月25日、開校30周年校舎第2期工事落成記念式典、祝賀会。

1979年(昭和54年)10月14日、吹奏楽部が全日本吹奏楽コンクール北海道大会銀賞受賞。11月28日HBC音楽コンクール(マンドリン部)全道最優秀賞受賞。全国大会出場。

1980年(昭和55年)12月14日、 校舎第3期増築工事、屋内体育館新築工事落成記念式典が行われる。

1981年(昭和56年)、吹奏楽部が10月11日に全日本吹奏楽コンクール北海道大会優秀賞受賞(翌年も連覇)。10月31日 には全日本吹奏楽コンクール全国大会で金賞を受賞。11月29日、HBC音楽コンクール(マンドリン部)全道最優秀賞受賞(以後4年連続) 全国大会出場。

1982年(昭和57年)4月1日マンモス校状態を解消するため旭川市立神居東中学校が開校。神居地区の各11丁目以降の地区、雨紛地区、上雨紛地区の生徒2年159名・3年146名が移籍。8月11日、男子バスケットボール部が全道中学バスケットボール大会出場。第3位。

1983年(昭和58年)9月22日、全道理科研究大会を当校で開催。

1984年(昭和59年)2月3日、スキー部が全日本中学スキー大会出場。スケート部が2月5日全国スケート大会出場。7月27日、男子バレーボール部が全道中学バレーボール大会で優勝し、8月18日全国中学バレーボール大会出場。

1985年(昭和60年)2月9日、スキー部が全日本中学スキー大会2年連続出場。8月19日、女子バレーボール部が全国中学バレーボール大会出場。

1986年(昭和61年)8月19日、男子バレーボール部が全国バレーボール大会出場。

1987年(昭和62年)2月2日、スキー部が全日本中学スキー大会出場(以後8年連続)。5月21日開校40周年記念事業としてテニスコートが整地される。10月3日、開校40周年記念式典開催。

1988年(昭和63年)8月4日、女子バレーボール部が全道中学バレーボール大会で準優勝を果たし、8月18日には全国中学バレーボール大会に出場しベスト8の成績を残す。9月24日、吹奏楽部が全日本吹奏楽コンクール北海道大会金賞受賞。

1989年平成1年)4月1日旭川市立忠和中学校が開校。忠和地区の生徒2年168名3年210名移籍。 8月4日全道中学野球大会出場優勝。8月6日全道中学バレーボール大会出場女子3位。8月20日全国中学野球大会出場。8月25日 全国音楽研究大会会場校。

1990年(平成2年)8月2日、女子バレーボール部が全道中学バレーボール大会に出場し、優勝を果たす。8月19日、女子バレーボール部が全国中学バレーボール大会出場。

1992年(平成4年)2月5日、スキー部の鈴木修二が全日本中学スキー大会第3位になる。

1993年(平成5年)1月27日、スキー部の池田拓雄が全道スキー大会優勝。部としても男子リレーを優勝。2月7日には全日本中学スキー大会に出場した。

1994年(平成6年)6月27日にグランド側窓下の敷石作業をPTAが奉仕活動として行う。10月23日、全道交通安全ポスター北海道知事賞 1年の築山巴香、2年の斉藤友紀子が共に金賞受賞。

1995年(平成7年)3月2日、第9回全道中学校の税のポスターで、東田裕子が金賞を受賞。

1996年(平成8年)2月16日、築山巴香がJA共済全国小中学生交通安全コンクールの文部大臣賞に輝く。

1997年(平成9年)2月5日、江刺学が全日本中学スキー大会大回転第4位に輝き、上杉友美も距離に出場した。11月15日、開校50周年記念式典が催される。

1998年(平成10年)2月1日、江刺学が全日本中学スキー大会・大回転で全国優勝。また同大会の距離に上杉友美が、回転・大回転に本田浩樹が出場した。9月15日、吹奏楽部が全日本吹奏楽コンクール北海道大会にて銀賞受賞。11月2日、上川管内教育推進学校公開研究発表会が行われる。

1999年(平成11年)1月16日、全道スキー大会クロスカントリー男子10キロに、上杉が第5位の成績を残す。また、スキー部としては男子リレーで優勝した。2月2日、全日本中学スキー大会においてクロスカントリー男子10キロの第15位に上杉がランクイン。また、藤田、熊谷も出場した。9月14日、吹奏楽部が全日本吹奏楽コンクール北海道大会金賞受賞。

2000年(平成12年)1月14日、全道スキー大会クロスカントリー男子10キロで上杉第が優勝。スキー部も男子リレー優勝。2月6日、全日本中学スキー大会クロカン男子10キロで上杉が第8位入選。2月28日、北海道公立学校教育課程実践研究論文の表彰を受けた。

2001年(平成13年)1月19日、 全道スキー大会男子リレーで、スキー部が第2位だった。2月6日、全日本中学スキー大会男子10キロで、藤田第17位入選。また坂田も出場した。

2002年(平成14年)2月6日、藤田が全日本中学スキー大会男子フリー5キロ、クラシカル5キロ出場。8月7日、西岡、中川が全道中学柔道大会に出場。それぞれ第2位、第3位と好成績を残す。

2003年(平成15年)2月4日、全日本中学スキー大会に、佐藤が男子フリー5キロ第5位。女子フリー5キロに西村が出場。8月3日、清水が全道中学卓球大会出場。8月3日西岡が全道中学柔道大会出場。8月23日、伊藤・高崎ペアと鹿本・小川ペアが全国中学校ソフトテニス大会出場。8月24日、男子テニス部が全国中学校ソフトテニス大会団体に出場。

2004年(平成16年)2月4日、全日本中学スキー大会において男子(柏木, 早坂, 越後)、女子(西村)が出場。4月1日、上川教育研修センター協力校に指定。

2005年(平成17年)2月4日、西村が全日本中学スキー大会女子に出場 。7月25日体育館屋根・校舎外壁等塗装工事。7月29日、三浦と菱山が全道中学水泳大会に出場。

2006年(平成18年)2月5日、鎌田が全国中学スキー大会男子クロカンクラシカル・フリー出場。

2007年(平成19年)2月8日藤田佑平が全日本中学スキー大会男子クロスカントリーフリーに出場。8月22日、女子バレーボール部が全国中学バレーボール大会出場。さらに決勝トーナメントまで進出。8月23日大柳・窪田ペアが全国中学校ソフトテニス大会出場(ベスト32)。

2008年(平成20年)2月4日、藤田佑平が全日本中学スキー大会男子クロカンクラシカル・フリー2位 、リレー9位の成績を残す。

2009年(平成21年)8月28日、校舎耐震化工事が開始した。

2010年(平成22年)1月10日、多田野・縄田ペアが全道中学インドアテニス大会出場女子ダブルス出場。

2011年(平成23年)1月11日、井尾、中野、堀内が全道中学スキー大会クロカン出場個人出場。1月13日、武藤・新保ペアが全道中学インドアテニス大会男子ダブルス出場。2月12日、山川愛が北海道管楽器個人コンクール出場。8月1日、武藤・新保ペアが全道中学ソフトテニス大会男子ダブルス出場。7月29日、内田、高橋、石田貴大、石田陸斗、谷口湧佑、嵯城大輝、山田滉大、小林風輝、山田樹が第32回全道水泳大会に出場。7月29日、高橋が全道中学体操大会に出場した。

2012年(平成24年)1月13日、全道中学スキー大会に男子(井尾, 中野)、女子(堀内)が出場した。7月29日が嵯峨が第33回全道中学水泳大会に出場した。

2013年(平成25年)1月12日、 堀内が全道中学スキー大会に出場した。2月に1973年度卒業生・玉置浩二が、NHKの「SONGS」の企画で39年ぶりに当校を訪問。3年生の生徒と交流、生歌を披露した[6][7]7月26日小林風輝、山田樹が第34回北海道中学校水泳大会出場。7月28日、天野拓斗、上楽開土、小森悠平、川崎俊輔の4人が第44回北海道中学校陸上競技大会男子4×100mリレーに出場した。8月2日、高橋が「第44回北海道中学校体操競技・新体操大会」体操競技女子二部個人総合に出場して5位に入選。9月21日、野球部がIBA-boys第15回全国中学生軟式野球大会北海道代表選手権大会に出場。ベスト4入りを果たした。12月27日、當野が第1回北海道中学生シングルソフトテニス選手権大会出場。

2014年(平成1年)1月13日、當野・佐々木ペアが第40回北海道中学生インドアソフトテニス大会出場。1月15日、堀内が第46回北海道中学校スキー大会出場。1月14日、パソコン部が第14回全国中学生創造ものづくり教育フェア(パソコン入力部門)(1-3玉川)に出場した。4月1日、旭川市小中連携教育モデル事業校の指定を受ける。7月1日校舎暖房設備工事開始。8月1日、テニス部が全道中学ソフトテニス大会に出場。2回戦に進出した。8月13日、野球部が全道中学校軟式野球大会に出場。ベスト4入りした。8月23日、グラウンドの改修工事が開始。11月4日、体育館耐震化工事が開始。12月7日パソコン部が毎日パソコン入力コンクール優秀中学校賞にて第3位入りした。

2015年(平成27年)1月16日、スキー部が全道中学スキー大会出場。

出典:http://www.asahikawa-hkd.ed.jp/kamui-jhs/2014/04/post-7.html 旭川市立神居中学校ホームページ|概要|沿革

部活動[編集]

運動部[編集]

  • 野球部
    • 1989年
      • 中連北海道中学校野球大会にて優勝
      • 中体連全国中学校野球大会出場
    • 2013年、IBA-boys第15回全国中学生軟式野球大会北海道代表選手権大会出場
    • OB玉置浩二がいる。
  • 女子バレーボール部
    • 1985年、全国大会出場
    • 1986年、全道大会出場(ベスト8)
    • 1988年、全道大会準優勝、全国大会出場(ベスト8)
    • 1989年、全道大会出場(第3位)
    • 1990年、全道大会優勝
    • 1999年、全道大会出場(ベスト8)
    • 2007年、全国大会出場、決勝トーナメントまで進む
    • OG成田郁久美がいる
  • 男子テニス部
    • 1978年、「旭川市中学校連盟体育大会・テニス男子団体」優勝
    • 1988年、全道大会出場
    • 1993年、全道大会出場
    • 2003年
      • 伊藤・高崎ペアと鹿本・小川ペアが全国中学校ソフトテニス大会出場
      • 部として全国中学校ソフトテニス大会団体に出場
    • 2005年、中西と佐藤が全道中学テニス大会出場
    • 2006年、全道中学テニス大会団体戦出場
    • 2007年、大柳・窪田ペアが全国中学校ソフトテニス大会出場
    • 2009年、江尻・浦野ペアが全道中学ソフトテニス大会男子ダブルス出場
    • 2011年、武藤・新保ペアが全道中学ソフトテニス大会男子ダブルス出場
  • 女子テニス部
    • 1997年
      • 大友智尋・清野美久のペアが全道ソフトテニス選手権出場
      • 大友あかね・古川 友美のペアが全道ソフトテニス選手権出場
    • 2008年
      • 全道ソフトテニス大会団体戦に部として出場
      • 全道ソフトテニス大会女子ダブルスに久保田・林ペアが出場
    • 2010年、多田野・縄田ペアが全道中学インドアテニス大会出場女子ダブルス出場
    • 2013年、當野が第1回北海道中学生シングルソフトテニス選手権大会出場
    • 2014年、當野・佐々木ペアが第40回北海道中学生インドアソフトテニス大会女子ダブルスに出場
  • 男子卓球部
    • 2003年、清水が全道中学卓球大会出場
    • 2008年、谷口が全道中学卓球大会出場
  • スキー部 - 過去に市内大会で17年連続男女優勝を成し遂げた名門。
    • 1955年1972年、18年連続「旭川市中学校連盟体育大会クロスカントリー女子」優勝
    • 1956年1972年、17年連続「旭川市中学校連盟体育大会クロスカントリー男子」優勝
    • 1984年1985年、2年連続クロカン全国大会出場
    • 1987年1993年、7年連続クロカン全国大会出場
    • 1992年、鈴木修二がクロカン全国大会個人第3位
    • 1993年、池田拓雄がクロカン全道大会個人優勝、全道大会リレー優勝。ともに全国大会出場
    • 1994年、クロカン・アルペンともに全道大会出場。
    • 1997年、全国中学校スキー大会にて江刺学が大回転部門第3位、上杉友美が距離部門出場
    • 1998年、全国中学校スキー大会にて江刺学が大回転部門で全国優勝、上杉友美が距離と回転に出場、本田浩樹が大回転出場
    • 1999年、全道大会にて上杉がクロカン男子10キロ部門第5位、部としても男子リレーで優勝。全国中学校スキー大会にて上杉がクロカン男子10キロ部門第15位、同じく藤田、熊谷も出場
    • 2000年、クロカン男子10キロで上杉が全道大会優勝&全国大会第8位、部としても全道大会男子リレー優勝
    • 2001年、全道大会男子10キロ第4位坂田、第6位藤田。男子リレーで部が第2位。全日本中学スキー大会男子10キロ藤田第17位、坂田出場
    • 2002年、藤田が全道大会男子フリー5キロ第9位。全日本中学スキー大会男子フリー5キロ、クラシカル5キロ出場
    • 2003年、全日本中学スキー大会、佐藤が男子フリー5キロ第5位。西村が女子フリー5キロ出場
    • 2004年、全日本中学スキー大会男子(柏木, 早坂, 越後)、女子(西村)出場。
    • 2005年、西村が全国中学スキー大会女子出場
    • 2006年、鎌田が全道中学スキー大会男子クロカンフリー6位。全日本中学スキー大会男子クロカンクラシカル・フリー出場
    • 2007年藤田佑平が全日本中学スキー大会男子クロカンフリー出場
    • 2008年、全日本中学スキー大会にて藤田佑平が男子クロカンクラシカル・フリー2位 、部としてはリレー9位
    • 2011年、井尾、中野、堀内が全道中学スキー大会クロカン出場
    • 2012年、全道中学スキー大会に男子(井尾, 中野)女子(堀内)出場、
    • 2013年、堀内が第45回北海道中学校スキー大会出場
    • 2014年、堀内が第46回北海道中学校スキー大会出場
    • 2015年、スキー部が第47回北海道中学校スキー大会出場
  • 女子バスケットボール部

主な記録なし

主な記録なし

文化部[編集]

  • 吹奏楽部 - 全日本吹奏楽コンクール北海道大会金賞5回の名門
    • 1973年、全日本吹奏楽コンクール北海道大会金賞
    • 1978年
      • 全日本吹奏楽コンクール北海道大会銀賞
      • HBC音楽コンクール(マンドリン部)全道最優秀賞、全国大会出場
    • 1981年
      • 全日本吹奏楽コンクール北海道大会優秀賞
      • 全日本吹奏楽コンクール全国大会金賞
      • HBC音楽コンクール(マンドリン部)全道最優秀賞、全国大会出場。
    • 1982年
      • 全日本吹奏楽コンクール全国大会2年連続金賞
      • HBC音楽コンクール(マンドリン部)2年連続全道最優秀賞、全国大会出場
    • 1983年、HBC音楽コンクール(マンドリン部)3年連続全道最優秀賞、全国大会出場
    • 1984年、HBC音楽コンクール(マンドリン部)4年連続全道最優秀賞、全国大会出場
    • 1988年、全日本吹奏楽コンクール北海道大会金賞
    • 1989年、全日本吹奏楽コンクール北海道大会銀賞
    • 1994年、全日本吹奏楽コンクール北海道大会銀賞
    • 1995年、全日本吹奏楽コンクール北海道大会銅賞
    • 1998年、全日本吹奏楽コンクール北海道大会銀賞
    • 1999年、全日本吹奏楽コンクール北海道大会金賞
    • 2011年、山川愛が北海道管楽器個人コンクール出場
  • パソコン
    • 2014年、第14回全国中学生創造ものづくり教育フェア(パソコン入力部門)出場
  • 美術部

主な記録なし

廃部となった部活動[編集]

  • 男子バスケットボール部
  • 男子バレーボール部
    • 1982年全道大会出場
    • 1983年全道選抜バレーボール大会出場
    • 1984年
      • 全道大会優勝
      • 全国大会出場
    • 1986年
      • 全道大会優勝
      • 全国大会出場
    • 1991年、全道大会出場
  • 剣道部
    • 1978年、「旭川中学校連盟体育大会剣道大会・団体女子」優勝
    • 1988年、全道大会出場
  • 柔道部
    • 2002年、全道中学柔道大会で、西岡が第2位、中川が第3位
    • 2003年、全道中学柔道大会に西岡が出場
    • 2005年、浅川が全道中学柔道大会出場

主な記録なし

出典:旭川市立神居中学校ホームページ|学校概要より

アクセス[編集]

バス[編集]

  • 「神居2条4丁目停留所」より徒歩1分

道北バス
旭台永山線
旭台農高線
台場・永山6条線
品川線
忠和・永山6条線
忠和末広循環線
忠和線
サンタプレゼントパーク線
カムイスキーリンクス線

空知中央バス
深旭線

北海道中央バス
芦旭線

  • 「神居2の4停留所」より徒歩1分

旭川電気軌道
新富線
新富・神居線
神居・豊岡13条線

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]