日暮し (音楽グループ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日暮し
出身地 日本の旗 日本
ジャンル フォーク
活動期間 1972年 - 1979年
レーベル BLOW UP/日本コロムビア1973年 - 1977年
ビクターインビテーション(1977年 - 1979年)
旧メンバー 榊原尚美 (vo, key)
武田清一 (g)
中村幸雄 (g)
野間義男 (g)

日暮しひぐらし)は、1970年代に活動していたフォークグループ。

メンバー[編集]

来歴[編集]

1972年RCサクセションの前身バンド、The Remainders of The Cloverのメンバーだった武田を中心に結成。1973年4月、 日本コロムビアのBLOW UPレーベルからデビュー。シングル4枚、アルバム3枚を発表後、1977年ビクターが新設したレーベル「インビテーション」に移籍。同年12月に発売した「い・に・し・え」が翌1978年に掛けてロングヒット、当グループの代表曲となった。1979年に解散。

アルバム「街風季節」の頃のみ、野間義男(1973年にRCAレーベルからソロデビューしていたシンガーソングライター)を加えて4人で活動していた。

リーダーの武田清一が大半の曲を作詞・作曲している。The Remainders of The Clover時代のメンバー忌野清志郎の詞に武田が作曲した「あの歌が想い出せない」は、かぐや姫のファーストアルバム用に提供され、RCサクセション自身もシングルB面でレコーディングしている。また、忌野は88年にリリースされたRCサクセションのアルバム『MARVY』で、日暮しの「ありふれた出来事」をカヴァーしている。

ヴォーカルの榊原尚美は、1981年日本テレビ系ドラマ『炎の犬』主題歌「サンセット・メモリー」を歌唱、ソロ歌手としてもブレイクした杉村尚美

現在、榊原(現姓・阿倍)は音楽界から引退し美容アドバイザー、武田は東京都国立市で喫茶店を経営。野間は地道に音楽活動を続けている。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • まちぼうけ〜佐渡を恋うる詩〜/春が来たら(1973年4月)
  • 夢みる風船 /雪がどんどん(1973年10月)
  • あなたは何処にいるんですか/手紙を書きました(1974年4月)
  • 冬の夜/古い想い出にさよなら(1974年12月)
  • オレンジ色の電車/街の影(1977年6月)
  • い・に・し・え/木橋の上から(1977年11月)オリコンチャート14位、売上21.9万枚
  • 心の屋根/愛のもどかしさ(1978年5月)
  • 秋の扉/旅の童話(1978年9月)
  • うでまくら/絵空事(1979年7月)

アルバム[編集]

  • 日暮し(1973年4月)(2013年4月初CD化)
  • 日暮し2(1973年11月)(2013年4月初CD化)
  • 街風季節(1974年11月)(2013年4月初CD化)
  • ( )(1975年) コロムビア時代のベスト
  • 春夏秋冬(1977年)コロムビア時代のベスト
  • ありふれた出来事(1977年)
  • 記憶の果実(1979年)
  • ( )(1981年) ビクター時代のベスト
  • 尚美 (1981年) コロムビア時代のベスト
  • 日暮し+杉村尚美 ゴールデン☆ベスト(2009年9月CD)コロムビア、ビクター両時代のシングル音源に杉村のソロ3曲を加えた全17曲。

その他[編集]

  • 坂道(時代劇『長崎犯科帳』エンディング曲)未レコード化。CD「ちょんまげ天国 in DEEP」(2003年)に収録。
  • 街はゆらゆら (『長崎犯科帳』オープニング曲)インストゥルメンタルバージョン