方広寺 (浜松市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
方広寺
Hokoji-hondo.jpg
本堂
所在地 静岡県浜松市北区引佐町奥山1577-1
位置 北緯34度50分54.5秒 東経137度36分50.3秒 / 北緯34.848472度 東経137.613972度 / 34.848472; 137.613972座標: 北緯34度50分54.5秒 東経137度36分50.3秒 / 北緯34.848472度 東経137.613972度 / 34.848472; 137.613972
山号 深奥山
宗派 臨済宗方広寺派
寺格 大本山
本尊 釈迦如来
創建年 建徳2年(1371年
開基 奥山朝藤無文元選(開山)
正式名 深奥山 方広萬寿禅寺
別称 奥山半僧坊
文化財 七尊菩薩堂・木造釈迦如来及び両脇侍像(重要文化財)
絹本着色無文元選像(県有形文化財)
法人番号 8080405003681
テンプレートを表示

方広寺方廣寺[1](ほうこうじ)は、静岡県浜松市北区にある寺院で臨済宗方広寺派の大本山である。山号は深奥山(じんのうざん)、寺号は詳しくは方広萬寿禅寺と称する。別称、奥山半僧坊。本尊は釈迦如来

歴史[編集]

1371年建徳2年)この地の豪族奥山朝藤の開基により、後醍醐天皇の皇子無文元選を開山として創建された寺である。

1587年天正15年)後陽成天皇の勅願所となり、江戸時代には江戸幕府から朱印状が与えられている。

明治に入り臨済宗南禅寺派に属していたが、1903年明治36年)独立して臨済宗方広寺派の本山となった。なお、この寺に祀られる半僧坊権現は開山の無文が中国の元から帰国する際、悪天候の中、無文の乗った船を守護したとされる神である。

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

  • 七尊菩薩堂 – 七尊菩薩を合祀した鎮守堂で、応永8年(1401年)建立。
  • 木造釈迦如来及両脇侍坐像 院吉・院広・院遵作 – 観応3年(1352年)の作で、方広寺の開創よりも前に作られている。もとは関東の戦国大名佐竹氏の菩提寺である清音寺(茨城県城里町)にあったもので、徳川光圀(水戸光圀)の厚い信仰を受けて修復されたことが記されている。[2][3]

静岡県指定文化財[編集]

  • 絹本着色無文元選像
開山禅師の自画像。

所在地[編集]

静岡県浜松市北区引佐町奥山1577-1

脚注[編集]

  1. ^ 臨済宗 方廣寺派大本山 方廣寺
  2. ^ 平成26年8月21日文部科学省告示第105号
  3. ^ 「新指定の文化財」『月刊文化財』609号、第一法規、2014

外部リンク[編集]