新大手町ビルヂング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新大手町ビルヂング
Shin-Ōtemachi building.JPG
情報
旧名称 大手町ビルヂング、第二大手町ビルヂング(竣工前の仮称)
用途 オフィス、店舗
施工 清水建設
建築主 三菱地所
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート構造
敷地面積 8,530 m² [1]
延床面積 88,785 m² [2]容積率1041%)
階数 地上10階、地下3階
高さ 34m
エレベーター数 乗用12基、貨物1基
駐車台数 112台
着工 第1期 1956年12月11日
第2期 1958年3月
竣工 第1期 1958年12月3日
第2期 1959年2月
改築 1961年7月~1963年5月
1971年
所在地 100-0004
東京都千代田区大手町二丁目2番1号
座標 北緯35度41分5.51秒 東経139度46分1.36秒 / 北緯35.6848639度 東経139.7670444度 / 35.6848639; 139.7670444
テンプレートを表示

新大手町ビルヂング(しんおおてまちビルヂング)は、東京都千代田区大手町二丁目に所在するオフィスビルである。

歴史[編集]

1956年5月より建設が開始された大手町ビルヂングには、工事中より貸室の申し込みが殺到した。三菱地所日本電信電話公社(電電公社)に、大手町ビルの東側の大手町二丁目の土地2317坪を貸し付けていたが、丸の内電報電話局の跡地879坪、および同地に電電公社が計画していた建物の新築が中止になったため北隣の土地450坪の返還を受けた。旺盛なオフィス需要に応じるべく、この土地に延床面積約15000坪のオフィスビルを計画し、1956年12月11日に着工した。さらに、西隣に三菱本社が所有し三菱地所が営業権をもち、ザ・ファースト・ナショナル・シティバンク・オブ・ニューヨーク(FNCB)に貸し付けていた600坪への増築案が持ち上がった。ここは第二次世界大戦終戦まで朝鮮銀行東京支店があり、連合国軍最高司令官総司令部による接収ののち建物が朝鮮銀行からFNCBに売却された。三菱地所とFNCBとの交渉は難航し、成立したのは1958年1月のことであった。FNCBは丸の内三菱仲5号館を解体した跡の仮設建物に移転した(のちの富士ビルヂング所在地)。新ビルは工期に間に合わせるべく昼夜を通して突貫工事が行われ、従来は下層階から順にコンクリートを打設するところを途中階からも打設するなどの方法もとられた。1958年12月3日に第1期が完成し竣工式が行われ、1959年2月にはFNCB跡の第2期部分も完成した。その後1961年7月から1963年5月にかけて北側に2か所計1523坪、1971年に屋上部に500坪増築され[3]2001年には新たなカーテンウォールを設け、OA化や空調設備の更新など大規模な改修が行われた。これにより、2002年ロングライフビル推進協会主催の第12回BELCA賞ベストリフォーム部門を受賞している[4]

テナント[編集]

永代通りに面し、地階では東京メトロ東西線ほかの大手町駅に直結している。竣工時にはFNCB、中小企業金融公庫北海道東北開発公庫アジア経済研究所日立製作所日立工機石川島重工浦賀船渠などが入居した[5]

建物名[編集]

当初は、本ビル北西に位置する現在の大手町ビルヂングが「第三丸ノ内ビルヂング」、本ビルが「大手町ビルヂング」の仮称であった。第三丸ノ内ビルヂングが「大手町ビルヂング」に決まり、本ビル名は一旦「第二大手町ビルヂング」に変更されたが、最終的に「新大手町ビルヂング」に決定した。このため、すでに旧名称で社用の封筒や便箋等を作成したテナントに対しては、三菱地所が刷り直しの費用を補償した[5]

脚注[編集]

  1. ^ 日本ビルディング図鑑・新館
  2. ^ ASSET BOOK2014 (PDF) (三菱地所)
  3. ^ 『丸の内百年の歩み 三菱地所社史下巻』p58-61
  4. ^ 第12回BELCA賞ベストリフォーム部門ロングライフビル推進協会
  5. ^ a b 『丸の内百年の歩み 三菱地所社史下巻』p61

参考文献[編集]

  • 三菱地所 『丸の内百年の歩み 三菱地所社史下巻』、1993年3月6日、58-61頁。

外部リンク[編集]