QST病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg QST病院
NirsHospital.jpg
情報
正式名称 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 QST病院
標榜診療科 放射線科、歯科
許可病床数 100床
開設者 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
開設年月日 1961年
所在地
263-8555
位置 北緯35度38分5.5秒
東経140度6分7.1秒
二次医療圏 千葉
PJ 医療機関
テンプレートを表示

QST病院(きゅーえすてぃびょういん)とは、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構病院である。放射線診断・治療を主とした研究病院であり、緊急被曝医療専門病院でもある。

沿革[編集]

  • 1961年昭和36年) - 病院部診療開始。
  • 2015年(平成27年)8月26日 - 原子力災害時の被曝医療の中心になる「高度被ばく医療支援センター」に指定[1]
  • 2016年平成28年) - 放射線医学総合研究所病院に改名。
  • 2019年4月1日平成31年) QST病院(キューエスティビョウイン)に名称変更。組織変更により、放射線医学総合研究所の管轄下から外れ、量子医学・医療部門の下で並ぶ組織となっている。

病床数内訳[編集]

  • 無菌室2床
  • 負圧室2床
  • 緊急被曝汚染室4床
  • 一般92床 計100床

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “被曝医療に5機関指定 原子力規制委”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 7. (2015年8月27日) 

関連項目[編集]

放射線医学総合研究所病院[編集]

重粒子治療機関[編集]

陽子線治療機関[編集]

外部リンク[編集]