押山保明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おしやま やすあき
押山 保明
生年月日 (1903-09-01) 1903年9月1日
没年月日 (1988-10-13) 1988年10月13日(85歳没)
出生地 東京市小石川区
(現:東京都文京区後楽
死没地 東京都世田谷区
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 映画監督プロデューサー
ジャンル 映画プロレス
活動期間 1920年 - 1988年
配偶者 あり
テンプレートを表示

押山 保明(おしやま やすあき、1903年9月1日[1] - 1988年10月13日)は、日本映画監督映画プロデューサー、そしてプロレスプロモーターである。大正期の無声映画の監督として知られ、その後、プロデューサーからプロモーターに転じた。星野勘太郎の名付け親である。

来歴・人物[編集]

1903年(明治38年)9月1日東京市小石川区(現在の文京区後楽[1]に生まれる。学生時代から、浅草公園六区の映画館「帝国館」の週刊ニュース「第一新聞」を編集していた。

1920年(大正9年)4月、小山内薫に憧れ、松竹キネマに入社する。まだ16歳であった。同年、「帝国館」を経営する小林喜三郎が当時のスター活動弁士であった津田秀水に「映画協会」を設立させ、津田を主演俳優・映画監督としてデビューさせるが、その第1作『熱球』の字幕を押山が担当した。ここで押山は最初の「字幕」の仕事をし、そして同年中に『山頂の碑』という映画で監督としてデビューしてしまう。押山はまだ17歳である。

当時、「天然色活動写真」(天活)の社員であり映画理論家として知られる帰山教正の「映画芸術協会」が1919年(大正8年)に設立された。当時は無声映画の時代であったが、同社は、弁士なくスクリーンを観るだけでストーリーやセリフがわかるようにするため、「字幕」を採用し、しかも字幕スタッフ名をフィルムにクレジットするポリシーであった。押山はひきつづき「映画芸術協会」の映画に出演し、監督もした。

1923年(大正12年)9月1日関東大震災後に慶應義塾を中退した[1]。まだ学生だったのである。

1924年(大正13年)、20歳のときに大阪に移り、日活関西支店宣伝部に入社、字幕を担当する。1925年には『大地は微笑む』第一篇・第二篇では字幕に加えて衣裳も担当する。1929年(昭和4年)10月3日結婚、その後5人の息子をもうけた[1]

京都のJ.O.スタヂオに移籍、1937年(昭和12年)にはプロデューサーに転向、並木鏡太郎監督の『南国太平記』(原作直木三十五)を製作する。合併によって東宝映画所属になり、1943年(昭和18年)、滝沢英輔監督の『伊那の勘太郎』をプロデュースする。これがのちの「星野勘太郎」のネーミングのもとになる。その後東宝で、芸能部長、東宝芸術協会専務理事を歴任した[1]

吉本興業に移籍、さらに力道山の時代の日本プロレスの宣伝部長となった。異色の経歴である。晩年は世田谷区太子堂に住んだ[1]

フィルモグラフィ[編集]

映画協会
  • 熱球 1920年 字幕 監督・脚本・出演近藤伊与吉、共同監督・主演津田秀水
  • 山頂の碑 1920年 監督・脚本 共同監督・主演津田秀水
映画芸術協会
  • いくら強情でも 1920年 出演 監督・脚本・主演青山杉作吾妻光、近藤伊与吉、関口存男
  • 別れ行く女(運命の船) 1923年 監督 原作・脚本帰山教正、主演青山杉作、吾妻光、近藤伊与吉
日活京都第二部
J.Oスタジオ - 東宝スタジオ

[編集]

  1. ^ a b c d e f 『日本映画監督全集』(キネマ旬報社、1976年)の「押山保明」の項(p.102- 103)を参照。同項執筆は岸松雄

外部リンク[編集]