小林喜三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こばやし きさぶろう
小林 喜三郎
本名 小林 喜三郎
生年月日 (1880-12-10) 1880年12月10日
没年月日 (1961-02-20) 1961年2月20日(80歳没)
出生地 茨城県
国籍 日本の旗 日本
職業 実業家映画プロモーター映画プロデューサー
ジャンル サイレント映画
活動内容 福宝堂
日活
常盤商会
天然色活動写真
小林商会
国際活映
三葉興行
主な作品
探偵奇譚ジゴマ
塙凹内名刀之巻
イントレランス

小林 喜三郎(こばやし きさぶろう、1880年12月10日 - 1961年2月20日)は、日本の実業家映画プロモーター映画プロデューサーである。D・W・グリフィス監督の超大作サイレント映画イントレランス』を日本で公開し、当時破格の高額入場料「10円興行」を打ち、成功を収めたことで知られる。

人物・来歴[編集]

1880年(明治13年)12月10日、茨城県に生まれる[1]

1910年(明治43年)、29歳のころ、映画会社・福宝堂の取締役営業部長に就任した[1]。フランスの探偵映画『ジゴマ』を買いつけ[1]、『探偵奇譚ジゴマ』の題で1911年(明治44年)11月、浅草公園六区金龍館で公開、大ヒットなる。同館を経営する根岸興行部にパイプを築く。ジゴマの小林、腕の喜三郎の異名をとる。

1912年(明治45年)4月、福宝堂が4社合併により日活となると、小林は同社の本社営業部に席を置いた。浅草公園六区に根岸興行部が経営する常盤館から、日活の新作の滞りを指摘されると、同年12月、常盤商会を設立、日暮里に撮影所を開業、独自の作品を製作・供給した。1914年(大正3年)3月17日、小林は福宝堂関西営業部長であったときからの盟友・山川吉太郎とともに天然色活動写真(天活)を設立、常盤商会はこれに吸収された。

1914年(大正3年)1月、天活の配給・興行を行なう小林商会を設立、1915年(大正4年)には三葉興行を設立した[1][2]

1917年(大正6年)6月30日には、小林商会が、日本初のアニメーション映画のひとつ、幸内純一監督の『塙凹内名刀之巻』を発表したが、同年倒産した。

1919年(大正8年)3月、D・W・グリフィス監督の超大作スペクタクル映画『イントレランス』(1916年)の日本での興行に打って出た。入場料を「10円」という高額に設定、大ヒットした。この興行で得た資金で、国際活映を同年12月16日に設立した。1920年(大正9年)11月8日に設立された帝国活動写真(松竹の前身の一社)の取締役に名を連ねる。国活は、1925年(大正12年)には倒産した。

のちに日活の経営などにも関与する[1]

1945年(昭和20年)の第二次世界大戦後は日活で監査役をつとめた[1]

1961年(昭和36年)2月20日、死去した[1]。満80歳没。小林が設立した三葉興行は現在、三葉興業株式会社として新宿区に本社を置き、渋谷区に映画館「渋谷シネパレス」を経営している[2]

おもなフィルモグラフィ[編集]

経営した映画館[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g コトバンクサイト内の記事「小林喜三郎」の記述を参照。
  2. ^ a b #外部リンク欄の「三葉興業」公式サイトを参照。二重リンクを省く。

外部リンク[編集]