折口春洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

折口 春洋(おりくち はるみ、旧姓:藤井、1907年2月28日 - 1945年3月19日)は、日本国文学者歌人

経歴[編集]

1907(明治四十)年

二月二十八日、能登国羽咋郡一ノ宮村一ノ宮寺家千五十七番地に生れる。生れた時、藤井升義四男である。

1913(大正二)年 六歳

四月、一ノ宮小学校に入学。

1919(大正八年) 十二歳

四月、金沢市少将町高等小学校に転じる。長兄・次兄と共に、同村の老婦をつけて、早くから遊学させられたのである。

1920(大正九)年 十三歳

四月、金沢第一中学校に入学。

1925(大正十四)年 十八歳

四月、国学院大学予科に入る。当時、予科二年生であった中村浩・藤井貞文等と共に、鳥船社を結び、教授折口信夫の指導によって、初めて新派短歌を作る。

1928(昭和三)年 二十一歳

十月、品川区大井出石町五千五十二番地折口方へ転居。折口並びに鈴木金太郎の影響を受ける。

1930(昭和五)年 二十三歳

三月、国学院大学国文科卒業。その四月、能登から、老婢宮永みか女を呼び来る。

1931(昭和六)年 二十四歳

一月、志願兵として、金沢歩兵聯隊に入り、十二月退営。

1934(昭和九)年 二十七歳

四月、国学院大学講師となる。この頃、加・越・能地方における大演習に参加、三日三夜に渉る雨中行軍の為、肋膜を冒される。同じ頃、鈴木金太郎大阪に転勤、家族として、折口の外は、春洋並びにみか女あるのみ。七・八・九月、北軽井沢法政大学村に療養。

1935(昭和十)年 二十八歳

十二月、折口と共に、沖縄研究に出発。鹿児島からの船に乗る。

1936(昭和十一)年 二十九歳

一月下旬、太刀洗飛行場に帰著。同じ頃、明治神宮青年会館出版部発行青年叢書の一巻として、謡曲口訳篇を出す。国学院大学教授となる。

1937(昭和十二)年 三十歳

八月、「万葉集研究東歌・大伴集読本」を著す。(学芸社)

1941(昭和十六)年 三十四歳

六月四日のラジオ放送国民講座「日本民俗学」第5回で「祭り」と題した放送を行う

十二月、召集によつて東部第四十九部隊に入隊。

1942(昭和十七)年 三十五歳

五月、召集解除。

1943(昭和十八)年 三十六歳

九月、再、召集を受け、金沢聯隊に入る。

1944(昭和十九)年 三十七歳

六月二十一日、千葉県柏に集結し、七月九日、横浜から乗船。八丈島へ向か。途中先発船沈没の為、急に予定を変へて、到著したのが、硫黄島であった、と言ふ。

硫黄島滞在中、分隊長を失う。ひとりは内地送還後、折口信夫に春洋の消息を伝えた矢部健治である。なお、初期は、硫黄島の屏風岩付近に配置されていたが、その後、元山部落から、春洋氏率いる第四小隊が摺鉢山に派遣され、摺鉢山地区の長田大尉指揮下に入り、摺鉢山地区の陣地構築に取りかかった。島で生活は厳しく、パラチブス、アミーバ病にり患した(回復している)。

七月二十一日、折口信夫養嗣子となる。此頃出先で、中尉任命のことがある。

昭和二十年 三十八歳

三月十九日、硫黄島方面で、戦死の由、東京聯隊区司令官の名で、報告があった。だが、詳細な死所及びその月日を知ることは出来ない。米国軍隊のはじめて、島に接近した日を以て、命日と定めることにした。二月十七日である。

折口信夫は米軍上陸の2月17日を折口春洋の命日と定め、「南島忌」と名づけた。

折口信夫が建てた父子の墓は羽咋市にある。折口信夫の撰した墓碑銘「もつとも苦しき / たゝかひに / 最もくるしみ / 死にたる / むかしの陸軍中尉 / 折口 春洋 / ならびにその / 父 信夫の墓」 (/は改行、引用者が挿入)が刻まれている[1]。骨は帰ってこなかったため、遺髪と軍刀が墓には収められている

家族・親族[編集]

歌集[編集]

1800首を収録。巻末には「島(硫黄島)の消息」と「追ひ書き」があり、硫黄島で詠んだ歌と手紙を収める。

研究[編集]

雑誌『民俗学』に故郷能登の民俗について書いた「くどきぶし」(3号)、「気多通信(一)」(4号)、「気多通信(二)」(5号)などがある。

『萬葉集の総合研究 第一輯』に「歌格・文法・修辞」、日本民俗第3号に「弱法師」という論文を書いている。

雑誌『むらさき』には短歌「卵三つ」(8巻5号) 「兵は若し」(9巻7号)「偉いなるひと年」(9巻12号)論文「万葉集・家持を中心に」(10巻7号)が掲載されている。

座談会方式だが、國學院雜誌46(2)に「神功皇后紀輪講」、國學院雜誌69(2)に「神功皇后紀輪読」を展開している。

米津千之氏の「春洋の横顔」から判明したが、『東歌、大伴集読本』という著作が昭和12年に學藝社から出版され(北原白秋、折口信夫編)、その主任をつとめている。

論文にとどまらず、ラジオにも出演していたらしい。石井正己氏の「柳田国男の放送」p.304によれば、国民講座「日本民俗学」のうち、昭和12年6月4日の第5回放送で、春洋氏が「祭り」と題した放送を行っている。

また研究からは少し外れるが、改造社の『新万葉集 巻7』に22首短歌が採用されている。波多幾太郎氏がほめたという記録がある。

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 梯 2013, 位置No. 612/712, ドキュメント2 三人の若き指揮官の肖像-■折口春洋 折口信夫の弟子にして恋人の死

参考文献[編集]

  • 梯久美子 『硫黄島 栗林中将の最期』(Amazon Kindle版) 文藝春秋、2013年。 
  • 石井正己(1999)「柳田国男の放送」『東京学芸大学紀要』
  • 池田弥三郎(1962)「折口信夫外伝――折口春洋のこと――」『中央公論 77(5)(894)4月特大号』
  • 「独立機関銃第二大隊第一中隊小隊長 滝澤信治中尉日記」
  • 「参考書類綴 独立機関銃第2大隊第3中隊兵器係」
  • 硫黄島協会(1997)『硫黄島協会のあゆみ』
  • 折口春洋(1978)『鵠が音』中公文庫
  • 毎日新聞「墓マイラー見聞録」2018年11月29日付朝刊石川版
  • 米津千之(1963)「春洋の横顔」 『短歌研究 20(8)』
  • 藤井春洋(1929)「くどきぶし」『民俗学3号』
  • 藤井春洋(1929)「気多通信(一)」『民俗学4号』
  • 藤井春洋(1929)「気多通信(二)」『民俗学5号』
  • 藤井春洋(1935)「弱法師」『日本民俗』小川直之 クレス出版
  • 藤井春洋(1941)「卵三つ」『雑誌 むらさき8巻5号 』
  • 藤井春洋(1942)「兵は若し」『雑誌 むらさき9巻7号』
  • 藤井春洋(1942)「偉いなるひと年」『雑誌 むらさき9巻12号』
  • 藤井春洋(1943)「万葉集・家持を中心に」『雑誌 むらさき10巻7号』
  • 北原白秋、折口信夫編(1935)『東歌、大伴集読本』 學藝社
  • 山本三生 編集(1938)『新万葉集 巻7』改造社 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]