悠羽輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
悠羽輝
基本情報
本名 新村 優貴
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1982-11-17) 1982年11月17日(35歳)
出身地 東京都
所属 大誠塾
和術慧舟會DUROジム
→TEAM TACKLER
→TEAM CLIMB
→フリーランス
身長 187cm
体重 100kg
階級 ライトヘビー級
ミドル級
バックボーン 柔道空手
テンプレートを表示

悠羽輝(ゆうき、1982年11月17日 - )は、日本男性空手家キックボクサー総合格闘家東京都出身。本名は新村 優貴(にいむら ゆうき)。フリーランス。現ミドル級キング・オブ・パンクラシスト

来歴[編集]

2004年9月23日の第80回、2005年1月30日の第82回と新空手交流試合重量級で優勝。

2004年12月、TSJ主催/全日本新空手道連盟・全日本キックボクシング連盟後援「Asian Wave!」でプロデビュー。川崎康弘と対戦し、KO勝ち。

2005年3月20日、全日本キックボクシング連盟「TRIAL LEAGUE.1」で外岡真徳と対戦し、判定勝ち。リングネームを悠羽輝と改めた。

2005年5月3日、第16回全日本新空手道選手権大会、K-2グランプリ重量級に出場。決勝で澤屋敷純一に勝利し、優勝を果たした[1]

2005年6月14日、K-1初参戦となったK-1 WORLD GP 2005 in HIROSHIMAのK-1 JAPAN GP リザーブファイトでタケルと対戦し、0-2の判定負け。本名での出場となった。

2009年6月21日、M-1ヘビー級王座挑戦者決定戦で百瀬竜徳と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[2]

2009年8月11日、K-1 WORLD GP 2009 IN TOKYOで行なわれたFINAL16 QUALIFYING GPのリザーブファイトでプリンス・アリと対戦し、3Rに2度のダウンを奪いKO勝ちでリザーブ権を獲得。1回戦を勝ち抜いたメルヴィン・マヌーフが負傷により準決勝を棄権し、マヌーフに敗れたラマザン・ラマザノフもKO負けしていたために悠羽輝が準決勝に進出。準決勝ではダニエル・ギタと対戦し、1Rに2度のダウンを奪われKO負けを喫した。試合後、リザーブファイトで足の骨が折れていたことが判明した[3]

2009年11月8日、M-1ヘビー級王者KOICHIに挑戦し、1-0の判定ドローで王座獲得ならず[4]

2010年3月21日、WPMF世界スーパーヘビー級王座決定戦でファビアーノ・サイクロンと対戦し、0-3の判定負けで王座獲得ならず[5]

2011年 和術慧舟會DUROから 中尾芳広が代表を務めるTEAM TACKLERへ移籍。

2011年 8.26 DEEP 55 後楽園ホール大会で 井上俊介を相手に総合格闘技戦デビュー。 1R 0:27 右フックでKO勝ちで総合格闘技デビューを飾る。

2012年 TEAM TACKLERから離れ、草・MAX、安西信昌らとTEAM CLIMBを結成する。

2012年10月19日、DEEP 60 IMPACTでのDEEPライトヘビー級タイトルマッチで中西良行と対戦し、0-5の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[6]

2013年2月、リングネームを本名の新村優貴に戻し、ミドル級へ転向した[7]

2014年4月19日、HEAT 31でのHEAT総合ルールミドル級王座決定戦で加藤久輝と対戦し、TKO負けを喫し王座獲得に失敗した[8]

パンクラス[編集]

2016年10月2日、PANCRASE 281でのミドル級キング・オブ・パンクラス決定戦でロッキー川村と対戦し、パウンドでKO負けを喫し王座獲得に失敗した[9]

2017年10月8日、所属していたTEAM CLIMBを離れてフリーランスとなる[10]

2017年11月12日、PANCRASE 291でのミドル級キング・オブ・パンクラス・タイトルマッチで王者ロッキー川村と再戦し、TKO勝ちを収めリベンジに成功すると共に王座獲得に成功した[11]

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
15 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
11 9 1 1 0 0 0
4 2 0 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ロッキー川村 3R 0:43 TKO(右フック) PANCRASE 291
【ミドル級キング・オブ・パンクラス・タイトルマッチ】
2017年11月12日
一慶 2R 2:58 KO(右フック) PANCRASE 288 2017年7月2日
× ロッキー川村 2R 1:30 KO(右フック→パウンド) PANCRASE 281
【ミドル級キング・オブ・パンクラス決定戦】
2016年10月2日
ボブ・アームストロング 5分3R終了 判定3-0 PANCRASE 277 2016年4月24日
ライアン・ビグラー 2R 3:12 TKO(パウンド連打) PANCRASE 269 2015年8月9日
アンデウソン・サカモト 2R 0:56 TKO(パウンド連打) HEAT32 2014年6月8日
× 加藤久輝 1R 0:53 TKO(スタンドパンチ連打) HEAT31
【HEAT総合ルール ミドル級王座決定戦】
2014年4月19日
キム・デソン 1R 4:32 TKO(パンチ連打) HEAT29 2013年12月15日
オマール・ダルビッシュ 1R 0:13 TKO(右ストレート) マッハ祭り! 2013年9月29日
ピーターソン・シャカル 1R 1:10 KO(右フック) HEAT26 2013年3月31日
× 中西良行 5分3R終了 判定0-5 DEEP 60 IMPACT
【DEEPライトヘビー級タイトルマッチ】
2012年10月19日
× サム・ブラウン 5分3R終了 判定0-3 Legend Fighting Championship 8 2012年3月30日
ベルナール・アッカ 1R 3:35 チョークスリーパー DEEP 57 IMPACT 〜12年目の現実〜 2012年2月18日
森川修次 1R 1:45 TKO(踏みつけ) CLUB DEEP TOKYO 2011年10月28日
井上俊介 1R 0:27 KO(右フック) DEEP 55 IMPACT 2011年8月22日

キックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
24 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
12 9
9
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 清水賢吾 3R終了 判定0-3 GLORY 8 TOKYO
【Road to GLORY JAPAN-85kgトーナメント】
2013年5月3日
× ファビアーノ・サイクロン 5R終了 判定0-3 M-1 FAIRTEX SINGHA BEER ムエタイチャレンジ NAI KANOMTOM vol.1
【WPMF世界スーパーヘビー級王座決定戦】
2010年3月21日
KOICHI 5R終了 判定1-0 M-1 FAIRTEX SINGHA BEER ムエタイチャレンジ 2009 Yod Nak Suu vol.4
【M-1ヘビー級タイトルマッチ】
2009年11月8日
× ダニエル・ギタ 1R 1:28 KO(2ノックダウン:右ローキック) K-1 WORLD GP 2009 IN TOKYO
【FINAL16 QUALIFYING GP 準決勝】
2009年8月11日
プリンス・アリ 3R 2:00 KO(2ノックダウン:パンチ連打) K-1 WORLD GP 2009 IN TOKYO
【FINAL16 QUALIFYING GP リザーブファイト】
2009年8月11日
百瀬竜徳 3R終了 判定3-0 M-1 FAIRTEX SINGHA BEER ムエタイチャレンジ 2009 Yod Nak Suu vol.2
【M-1ヘビー級王座挑戦者決定戦】
2009年6月21日
× 恩田剛徳 3R終了 判定0-2 HEAT 8 2008年9月15日
ノブ・ハヤシ 3R終了 判定0-0 新日本キックボクシング協会「TITANS NEOS IV」 2008年9月15日
古田太一 3R終了 判定3-0 M-1 FAIRTEX SINGHA BEER ムエタイチャレンジ
Legend of Elbows 2008〜YOD MUAY〜
2008年8月10日
× プリンス・アリ 延長R 1:20 KO(3ノックダウン:右ミドルキック) J-NETWORK「Let's Kick with J 1st」
【J-NETWORKヘビー級王座次期挑戦者決定トーナメント 準決勝】
2008年2月29日
瀧川リョウ 2R 1:39 KO(右膝蹴り) J-NETWORK「Championship Tour of J 1st」
【J-NETヘビー級王座決定トーナメント 1回戦】
2007年8月3日
× シング・心・ジャディブ 3R終了 判定0-3 全日本キックボクシング連盟「CUB☆KICK'S-7」 2007年6月10日
× アレックス・ロバーツ 1R 0:20 KO(右ローキック) R.I.S.E. G-BAZOOKA TOURNAMENT '06
【決勝】
2006年3月26日
澤屋敷純一 1R 1:21 KO(2ノックダウン:右フック) R.I.S.E. G-BAZOOKA TOURNAMENT '06
【1回戦】
2006年3月26日
高萩勉 3R終了 判定0-1 R.I.S.E. XXII 2006年1月29日
× ポール・スロウィンスキー 2R 2:15 KO KOMA GP【決勝】 2005年12月22日
不明 不明 KOMA GP【準決勝】 2005年12月22日
不明 不明 KOMA GP【1回戦】 2005年12月22日
× タケル 3R終了 判定0-2 K-1 WORLD GP 2005 in HIROSHIMA
【K-1 JAPAN GP リザーブファイト】
2005年6月14日
外岡真徳 3R終了 判定2-0 全日本キックボクシング連盟「TRIAL LEAGUE.1」 2005年3月20日
川崎康弘 KO Asian Wave! 2004年12月19日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ロッキー川村
第14代パンクラスミドル級王者

2017年11月12日 - 現在

次王者
N/A