中西良行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中西 良行
基本情報
本名 中西 良行
通称 和製ヒョードル
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1985-04-17) 1985年4月17日(33歳)
出身地 滋賀県
所属 PRB
→Team M.A.D.
身長 179cm
体重 93kg
階級 ライトヘビー級ミドル級
バックボーン 柔道
テンプレートを表示

中西 良行(なかにし よしゆき、1985年4月17日 - )は、日本男性総合格闘家滋賀県出身。Team M.A.D.所属。現DEEPライトヘビー級王者。元DEEPミドル級王者。

来歴[編集]

2005年7月3日、第31回全日本サンボ選手権大会・男子シニアの部100kg級に出場。決勝で長谷川智宏に勝利し優勝を果たした。

2006年6月18日、第32回全日本サンボ選手権大会・男子シニアの部100kg級に出場。決勝で小林勇介に勝利し2連覇を果たした。

2007年3月21日、第13回コンバットレスリング全日本選手権・+80kg級(8名参加)に出場。決勝で竹内出に判定負けを喫し準優勝となった。

2007年7月1日、第33回全日本サンボ選手権大会・男子シニアの部100kg級に出場(出場予定3名中1名が棄権し、決勝のみ行なわれた)。決勝で久原雅史に一本勝ちを収め3連覇を果たした[1]

2007年9月15日、プロデビュー戦となったclub DEEP 東京で中村護と対戦し、開始32秒右フックでKO勝ちを収めた[2]

2008年1月14日、club DEEP 東京で「メガトン三番勝負」の第2試合として加藤善之と対戦し、開始56秒右フックでKO勝ちを収めた[3]

2008年2月22日、DEEP 34 IMPACTで井上俊介と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[4]

2008年7月6日、第34回全日本サンボ選手権・男子シニア100kg級に出場。決勝で大類宗次郎に勝利し、4連覇を果たした[5]

2008年7月17日、DEEP M-1チャレンジ5 in JAPANのメインイベント・スペシャルワンマッチで水野竜也と対戦し、パウンドでKO負けを喫した[6]。プロ4戦目での初黒星となった。

2009年7月12日、約1年ぶりの再起戦となったGRACHAN 2で加藤実と対戦し、パウンドでTKO勝ちを収めた[7]

2010年2月28日、DEEP 46 IMPACTのDEEP初代ライトヘビー級王者決定トーナメント1回戦で畑智昭と対戦し、アームバーで一本勝ちを収めベスト4進出を決めた[8]。この試合から所属がPRBからTeam MADになった。

2010年4月17日、DEEP 47 IMPACTの準決勝でクリスチャン・"トントン"・ムプンボと対戦し、2-1の判定勝ち。決勝では野地竜太と対戦し、5-0の判定勝ちでDEEPライトヘビー級王座を獲得した[9]。同時にDREAM.14で開幕予定であったDREAMライトヘビー級グランプリ出場権を獲得したが、同グランプリは開催されなかった[10]

2010年10月24日、DEEP 50 IMPACTで柴田勝頼と対戦し、パウンドによるTKO勝ちを収めた[11]。この試合はミドル級への転向を見据え86kg契約となった[12]

2011年2月25日、DEEP 52 IMPACTで桜井隆多と対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本負け。この試合はミドル級(83.90kg以下)転向初戦となったが、前日計量で950gオーバーとなり、試合開始前にイエローカード2枚が提示された[13]

2011年6月24日、DEEPライトヘビー級タイトルマッチでベルナール・アッカと対戦し、サッカーボールキックでKO勝ちし、初防衛に成功した。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
12 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
10 5 2 3 0 0 0
2 1 1 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ベルナール・アッカ 1R 1:07 KO(サッカーボールキック) DEEP 54 IMPACT
【DEEPライトヘビー級タイトルマッチ】
2011年6月24日
× 桜井隆多 3R 3:48 腕ひしぎ十字固め DEEP 52 IMPACT 2011年2月25日
柴田勝頼 1R 4:06 TKO(パウンド) DEEP 50 IMPACT 〜10年目の奇跡〜 2010年10月24日
野地竜太 5分2R終了 判定5-0 DEEP 47 IMPACT
【初代ライトヘビー級王者決定トーナメント 決勝】
2010年4月17日
クリスチャン・"トントン"・ムプンボ 5分2R終了 判定4-1 DEEP 47 IMPACT
【ライトヘビー級王者決定トーナメント 準決勝】
2010年4月17日
畑智昭 1R 4:30 アームバー DEEP 46 IMPACT
【ライトヘビー級王者決定トーナメント 1回戦】
2010年2月28日
アキム・アセニネ 1R 4:51 アキレス腱固め M-1 Challenge 18: Netherlands 1日目
【日本 vs. フランス 93kg超級】
2009年8月15日
加藤実 1R 2:12 TKO(パウンド) GRACHAN 2 2009年7月12日
× 水野竜也 1R 4:13 KO(パウンド) DEEP M-1チャレンジ5 in JAPAN 2008年7月17日
井上俊介 5分2R終了 判定3-0 DEEP 34 IMPACT 2008年2月22日
加藤善之 1R 0:56 KO(右フック) club DEEP 東京 & フューチャーキングトーナメント全国大会 2008年1月14日
中村護 1R 0:32 KO(右フック) club DEEP 東京 2007年9月15日

獲得タイトル[編集]

  • 全日本サンボ選手権大会 男子シニアの部100kg級 4連覇(2005年 - 2008年)
  • 初代DEEPライトヘビー級王座(2010年)
  • 第7代DEEPミドル級王座(2014年)

脚注[編集]

  1. ^ 【全日本サンボ選手権】松本秀彦が九連覇! 若林と竹内が一回戦で敗れる波乱 格闘技ウェブマガジンGBR 2007年7月1日
  2. ^ 【clubDEEP】佐藤隆平が窪田幸生を秒殺KO、来年の82Kg級トーナメントへ一歩前進 格闘技ウェブマガジンGBR 2007年9月15日
  3. ^ 【clubDEEP】メガトン3試合で僅か288秒!3月トーナメント開催へ 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年1月14日
  4. ^ 【DEEP】優勝候補の桜井を下した福田、中西、松井、白井が準決勝に進出!しなしが初代フライ級王者に輝く 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年2月22日
  5. ^ [サンボ] 植松、全日本選手権68kg級でオール一本優勝 BoutReview 2008年7月6日
  6. ^ 【M-1チャレンジ】チーム・ジャパンがホームで1勝4敗の大敗、暗雲たちこめる 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年7月17日
  7. ^ 【グラチャン】CMA王者・横山伸吾、圧勝で初防衛!松井大二郎はタイトル奪取ならず 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年7月12日
  8. ^ 【DEEP】大塚隆史&福田力がワンサイドで完勝、ライトヘビー級ベスト4が決定 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年2月28日
  9. ^ 【DEEP】中西良行が初代ライトヘビー級王座&DREAM出場権を獲得、MIKU涙の引退式 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年4月17日
  10. ^ 【DREAM】5・29山本“KID”徳郁が参戦へ!近日中にも発表 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年5月10日
  11. ^ 【DEEP】死闘!菊野が帯谷を判定で退ける、青木&ミノワマン&長南は快勝 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年10月24日
  12. ^ 【DEEP】10・24王者・中西良行「脱和製ヒョードル」、柴田は“らしさ”を取り戻す 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年10月5日
  13. ^ 【DEEP】田澤がメガトン王座を獲得!桜井は中西に一本勝ち、中村が今成に判定勝利 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年2月25日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
王座新設
初代DEEPライトヘビー級王者

2010年4月17日 - 現在

次王者
N/A
前王者
中村和裕
第7代DEEPミドル級王者

2014年12月21日 - 2015年10月11日

次王者
RYO