張寔 (前涼)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
昭公 張寔
前涼
第2代君主
王朝 前涼
在位期間 314年 - 320年
姓・諱 張軌
安遜
諡号 昭公
廟号 高祖
生年 271年
没年 320年
張軌
陵墓 寧陵
年号 建興(一説には永安) : 314年 - 320年

張 寔[1](ちょう しょく 271年 - 320年)は、五胡十六国時代前涼の2代君主。字は安遜。安定の出身。父は張軌

生涯[編集]

張軌の時代[編集]

271年、張軌の長男として生まれる。学問への見識が深く、賢人を敬って士を愛した。やがて秀才に挙げられて郎中となり、後に驃騎将軍となった。

307年、職を辞して故郷涼州に戻ることを希望し、朝廷に認めれて議郎に改任された。当時、父の張軌が涼州を治めていたが、張越曹祛らが乱を起こして混乱の最中にあった。308年2月頃、張寔は涼州の治所である姑臧に到着すると、父により中督護に任じられ、すぐさま乱の鎮圧を命じられた。張寔は軍を率いて南進すると、曹祛を攻撃して敗走させた。

その後、再び曹祛攻撃を命じられると、尹員宋配を初め歩騎3万余りを率いて軍を進めた。曹祛は麹晁黄阪に派遣し、張寔の大軍に対峙させた。張寔は密かに小道から浩亹へ出て、破羌に進んで曹祛と交戦した。そして、牙門将の田囂を斬り殺すと、勢いのままに曹祛を討ち取った。張越は大いに恐れて逃走し、涼州の騒動は鎮まった。功績により、建武亭侯に封じられた。しばらくして西中郎将となり、爵位は福禄県侯に進んだ。

312年9月西平出身の王淑と曹祛の残党である麹儒らは元福禄県令麹恪を脅して盟主に推戴すると、晋朝に反旗を翻した。彼らは西平郡太守趙彝を捕らえると、朝廷に背いていた秦州刺史裴苞らと呼応した。張寔は彼らの討伐に赴くと、麹儒らを撃破して誅殺し、主犯格であった六百家余りを移住させた。治中令狐瀏は「悪人を一掃するには、農夫が草を刈り取るように、二度と再生しないよう草根から除かねばなりません。今すぐに反乱者の家を退去させ、後顧の憂いを絶つべきです」と進言したが、張寔は受け入れなかった。その後、麹儒の残党らは令狐瀏の懸念した通り乱を起こしたが、張寔は兵を率いてすぐさま平定した。

313年、西中郎将から護羌校尉に移った。

父業を継ぐ[編集]

314年2月、張軌が年老いて病に侵されていた為、張寔は副刺史に任じられて補佐に当たった。5月、張軌は病が重くなると、張寔に後を継がせるようにと遺言した。間もなく張軌が亡くなると、長史張璽らは張寔を推戴して父の地位を代行させた。10月愍帝を下し「汝の父である武公(張軌)は、西夏の地において著しい勲功があった。胡賊が狡猾にも洛陽に迫ると、義兵・鋭卒を万里より遣わしてこれを助けた。また、朝貢を毎年絶やすこともなかった。朝廷は諸侯に征伐の任を委ね、九域を動かすも、蒼天の加護は得られなかった。皇室の権威は余りにも凋落し、朕は息が詰まる思いである。ただ汝は思慮深く立派であり、才知に長け強い志を持っている。西海において模範となるべき人物である。今、持節・都督涼州諸軍事・西中郎将・涼州刺史・領護羌校尉・西平公を授ける。これは以前よりの忠節の賜物である。祖先の功業を引き継ぎ、皇室を守るように。」と告げた。

315年10月、蘭池長趙奭の上軍である張冰は、ある場所で印璽を発見した。その上面には『皇帝行璽』と刻まれていたので、彼はこの印璽を張寔へ献上した。この事実が知れ渡ると、群臣はみな張寔が皇帝に昇る兆しであるとして大いに喜び、祝賀した。だが、張寔は玉璽を握りしめると「我は常々、袁本初が印を掲げて肘を見せたことを忌々しく思っていた(袁紹韓馥と共に幽州劉虞を帝に立てようと謀っていた。その為、彼は玉印を手に入れると、劉虞擁立の為の大義名分とした。そして、集会の席で曹操に向けて、肘を挙げて玉印を見せつけた。曹操はそれを見て笑ったが、内心では憎らしく思ったという。)。諸君らはなぜこのような話をしているのか。」と述べ、この印璽を長安にいる愍帝の下へ送り届けた。

316年4月、張寔は国中に命を下し「恐れ多くも我は先人の事業を受け継いだ。刑事政事が民衆の患とならないことを願っているが、年々飢饉・旱害が起こっており、これは我に何かしらの欠点があるということであろう。今、それを伝える者があれば罪には問わぬ。」と述べ、官吏百姓の中で自らの過失を申告した者に布絹・・筐篚・穀物を与えた。高昌の賊曹佐隗瑾は「聖王が大事を成し遂げるには、必ず三訊の法(一度目は群吏に尋ね、二度目は群臣に問い、三度目は万民の声を聴いてから法を運用すること)を尊び、諫官を傍に置いて根本の道理を正し、疑丞が補欠拾遺を行い国政を輔佐しました。しかしながら、明公(張寔)は事の大小に関わらず、すべての政を自らの判断で決めております。これでは、挙兵の命を発布したとしても、州府の役人はその意味をよく理解できず、万が一失策があってもそれを責める人がおりません。下級官吏は明公の権威を恐れており、ただその命令に服従してるに過ぎません。このような状況下では、仮に大金を下賜するとしても、あえて明公へ進言する人はいないでしょう。私が思うに、明公は少しだけその聡明さを抑え、諸々の政事は下級官吏にも意見を求めるようにすべきです。そして、彼らが心の内に秘めていることを喋らせ、その中で策を取捨選択すれば、自ずと有益な提案が現れてくるでしょう。そうすれば、褒賞を下賜して案を募る必要もありません。」と進言した。張寔はこの発言に大いに喜び、この提案を容れると共に、隗瑾の位を三等昇進させて絹40匹を下賜した。

西晋の崩壊[編集]

同年、張寔は督護王該を長安へ派遣し、地方の珍品・名馬・経史・書物といった諸郡の貢物を献上した。8月、漢(前趙)の中山公劉曜が長安に襲来すると、張寔は救援の為に再び王該を派遣した。愍帝は張寔の忠誠を称賛し、都督陝西諸軍事に任じた。

この時、度重なる劉曜軍の侵攻により長安は完全に孤立しており、食料不足となった長安では人同士が食らい合い、多くの死者が出る有様であった。11月、愍帝は劉曜へ降伏ことを決め、黄門郎史淑・侍御史王沖を涼州へ派遣した。史淑らは張寔に接見すると「帝は降伏されました。我等は陛下の詔を持ってここまで逃げてきました。」と述べ、詔書を見せた。その内容は「国は災厄に見舞われ、禍は晋室にまで降りかかり、京城(洛陽)は陥落し、先帝(懐帝)は賊に捕らわれたたままこの世を去った。朕はと漂流した末に旧都長安に至った。群臣は朝廷に主君がいないことから、皆朕に帰し、朕は幼少の身ながらも王公の上に立つこととなった。帝位に昇ってから四年が経ったが、巨寇を除いて危難を救うことも出来ず、民百姓へはしきりに苦難を被らせてしまった。皆朕の不明の致すところである。羯賊(異民族の蔑称)の劉載(劉聡の別名)は帝号を僭称し、先帝に災いを与え、思うがままに藩王を殺害した。この仇恨・恥辱は決して忘れず、今日まで片時も戦いの準備を怠ったことは無かった。劉曜は昨年9月よりその衆を率い、虚に乗じて深く侵攻し、羌胡を人質に取って北地を落とした。麹允は軍を率いて迎撃したが、その六軍は敗れて賊軍は長安に迫り、弓矢が宮殿の中まで届く程だった。胡嵩らは国難に駆けつけようとしたが、後方に留まったため効果は無かった。さらに深く包囲されると、外からの救援も到着しなくなった。食糧は尽き、人員も不足し、遂に捕虜の身となってしまった。上は天霊に恥じ、下は祖宗を痛ましく思う所である。汝の家は代々忠実・温厚で節操を固く守り、その勲功は西夏の地において目覚ましく、四海の人が敬い慕っており、朕の拠り所であった。今、汝を大都督・涼州牧・侍中・司空に任じるので、これを受け入れ、情勢を見て事を進行するように。琅邪王(司馬睿)は宗室の中でも賢人であり、今は遠く江南の地にいる。今、朝廷は流亡の状態にあり、国家は危急の時を迎えている。朕は既に、琅邪王に詔を下して帝位を代行させるよう伝えている。願わくば、汝は琅邪王を助け、共に国難に立ち向かうように。もし汝が晋室を忘れていないのであれば、宗廟の傍にいることを頼みたい。朕は明日には城を出て投降するので、夜のうちに公卿を呼び寄せ、後事を託した。史淑・王沖を密かに汝の下に派遣し、この詔を授けるのだ。この重命を受け、汝が奮勉することを望む。」というものであった。張寔は2人の勅使を三日三晩に渡って盛大にもてなしたが、愍帝が捕らわれたことを受け、任命された官職は全て辞退した。

これより以前、張寔の叔父である張粛は長安の危機を聞き、自ら先鋒となり劉曜を撃破したいと請うたが、張寔は張粛が老齢であることから許可しなかった。長安が陥落したと知ると、張粛は悲憤の余り亡くなった。

317年1月、漢帝劉聡が愍帝を強制的に帝から降ろしたと知り、張寔は三日に渡って慟哭した。また、この国難を救うため、太府司馬韓璞・滅寇将軍田斉・撫戎将軍張閬・前鋒督護陰預に歩騎1万を率いさせ、東へ派遣した。また、討虜将軍陳安・安故郡太守賈騫・隴西郡太守呉紹らにもそれぞれ郡兵を率いさせ、韓璞らの前駆とした。 出兵前、張寔は韓璞を戒め「以前諸将を遣わした際、各々の意志が異なり、動きを同じくすることが出来ず、作戦は阻まれた。内部で和親が出来ていないのに、他人を従わせることなど出来るわけがない。今、五将の統率を卿に任せるので、一体となり行動を起こすのだ。我の耳に不和の連絡が届かない事を願う。」と伝えた。また、南陽王司馬保に書を送り「王室に変事があれば、我らは身命を投げうつことを忘れてはなりません。我が州は遠方にあり、都では多難が続いております故、以前には賈騫を派遣し、変事が起きた際には公の動きに呼応できるよう遠望させておりました。その最中で符命(愍帝の即位)を受け、勅命により賈騫の軍は一旦帰還しました。その後、賊軍により北地が陥落し、長安に奴らが迫った時、胡嵩は軍を進ませず、麹允が金五百をもって救援を胡嵩に請う有様でした。これを聞いて我は再度、賈騫らを進ませました。ですが、あえなく朝廷は賊の手に落ち、我は主上への忠を遂げること叶わず、兵を遣わして難を救うことも出来ませんでした。このことを深く慨嘆しており、この責任は死しても取ることは出来ないでしょう。今更ながら、我は賊軍を討伐する為に韓璞らを遣わしたので、ただ公の命に従うのみです。」と述べ、共に漢帝国を討つよう求めた。

韓璞は南安にまで軍を進めたが、諸々の羌族により進路を阻まれた。両軍は百日余りに渡って対峙したので、韓璞軍の兵糧・矢は尽きてしまったが、張閬が金城の軍を率いて到着したため、挟撃して敵軍を大破し、数千の首級を挙げた。しかし、韓璞軍はそれ以上進軍を継続できず、引き返した。

両晋王に服属[編集]

318年3月、安定郡太守焦嵩・討虜将軍陳安が上邽に割拠する南陽王司馬保を攻撃すると、司馬保は張寔の下へ使者を派遣して救援を要請した。張寔はこれに応じ、金城郡太守竇濤を軽車将軍に任じ、威遠将軍宋毅を始め和苞・張閬・宋輯辛韜・張選・董広らと歩騎2万を与え、司馬保救援に赴かせた。軍が新陽に到達した時に愍帝が崩御したという報が届き、張寔は喪服を着て哀悼の意を示し、三日間慟哭した。

この時期、司馬保は帝を僭称しようと目論んでおり、破羌都尉張詵は「南陽王(司馬保)は大きな恥辱を忘れ、皇帝を自称しようとしております。天から図讖・符命の書などは授かっておらず、これまでもただ定められた命に順応してきただけであり、徳行も不足しております。この困難を救うことが出来る人物ではありません。晋王(司馬睿)は才徳を兼備しており、公とも親しい間柄であり、先帝も頼りとして心を寄せている人物でした。上表してその聖徳を称賛し、帝位に即くよう勧めるべきです。また、檄を諸藩に伝え、相府(司馬保)へも再度書を送って信義を見せ、晋王と争うのを止め、党人を集めずに散亡させるよう伝えるのです。」と勧めた。張寔はこれに同意し、天下に檄文を送って司馬睿を天子とするよう意向を伝えた。さらに、牙門蔡忠を江南へ派遣し、司馬睿へ尊位に即くよう勧めた。司馬睿は同年の内に建業において即位し、改元して太興とした。だが、張寔は引き続き西晋の年号である建興を用い、改元に従わなかった。これは東晋への従属を拒む行為とも取れるので、これをもって前涼の成立とする説もある。

319年1月、司馬保は愍帝が崩御した事を知ると、晋王を自称し、独自の年号を建てて自ら百官を任命した。また、使者を派遣して張寔を征西大将軍・儀同三司に任じ、3千戸を加増した。

陳安が氐族羌族を従えて司馬保を攻撃すると、司馬保は進退窮まって上邽から祁山へ逃れた。張寔は配下の韓璞に歩騎五千を与え、司馬保の救援に向かわせた。これにより陳安は軍を退いて綿諸を守り、司馬保は上邽へ再び帰還したが、その後間もなく司馬保は再び陳安に敗れ、使者を派遣して張寔に救援を要請した。張寔は宋毅を派遣して陳安を攻め、撤退させた。ほぼ同時期、司馬保は劉曜からも攻撃を受けたので桑城へ逃れ、さらに張寔のいる涼州へ逃走しようと考えた。だが、張寔は彼が宗室の中でも声望があった事から、河西に来ることで人心が自分から移ってしまうことを恐れた。その為、張寔は配下の陰監を派遣して司馬保を迎えさせたものの、護衛すると公言して実際には彼がやってくるのを阻んだ。間もなく司馬保が亡くなると、彼の配下の者はみな逃走し、涼州に身を寄せる者が1万人余りに及んだ。

張寔は河西が険阻であり遠方にあることから、次第に驕り高ぶるようになったという。

最期[編集]

320年京兆劉弘は邪道の術に長けており、涼州の天梯山に住んでいた。彼は山穴の中で灯りを点し、鏡を掲げてさらに明るくして暮らしていた。また、庶民を惑わして千人余りを従わせており、張寔の周囲の者も次第に彼を崇拝するようになっていた。帳下閻渉・牙門の趙卬は劉弘とは同郷であり、特に彼を狂信していた。劉弘は彼らへ「天は我に神璽を送り、涼州で王となるよう告げた。」と告げると、閻渉・趙卬はこれを深く信じ込み、密かに張寔の近臣の10人余りと謀り、張寔を殺して劉弘を君主として奉戴しようとした。張寔の弟である張茂は彼らの計画を知ると、劉弘を誅殺するよう求めた。張寔はこれに同意し、牙門将史初に劉弘を捕らえるよう命じた。だが、史初が行動を起こす前に閻渉らは計画を実行に移し、凶器を懐に隠して張寔の屋敷に侵入した。張寔は就寝中に襲撃を受け、そのまま殺害された。享年50であった。

その後、史初が劉弘殺害に向かうと、劉弘は「張使君は既に死んでいる。今更私を殺しても遅い。」と言い放った。史初は激怒し、劉弘の舌を切り落として牢に繋いだ。その後、劉弘は姑臧城の市街に引きずり出されて車裂きの刑に処され、劉弘の徒党数百人も誅殺された。左司馬陰元らは張寔の子である張駿がまだ幼いことから、弟の張茂を涼州刺史・西平公に立て、境内に大赦を下した。張茂が位を継いだ後、張寔は昭公と諡され、寧陵に葬られた。また、元帝は大司馬・涼州牧を追贈し、元公という諡号を贈った。

やがて孫の張祚が王位を称すると、昭王と追諡された[2]、廟号は高祖とされた。

逸話[編集]

  • 永嘉年間(307年-313年)中、長安では「秦川中、血没腕、惟有涼州倚柱観(秦川は辺り一帯血の海で、腕まで浸かるほどだ。ただ、涼州にいれば安心して見ていられる。)」という謡が流行った。張寔の時代になると、氐・羌が隴右・雍州・秦州の地方を略奪して回るようになり、この地では十人のうち八・九人が戦乱により亡くなるという有様であったが、涼州だけは安泰であった。ここにおいて謡言の通りとなった。
  • 張寔の寝室の柱には頭のない人の絵が掛けられていたが、ある日突然この絵が消えたため、張寔は非常に不快に思った。張寔が亡くなるのは、その後間もなくの事であった。

家族[編集]

[編集]

  • 賈氏

[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 十六国春秋では、張實又は張宴と記載されている。
  2. ^ 十六国春秋では明王と記載されている。

参考文献[編集]

晋書』巻86  列伝第56 『資治通鑑』巻88-巻91 『十六国春秋』巻71 前涼録2