広島農業短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
広島農業短期大学
大学設置/創立 1954年
廃止 [[{{{廃止年}}}]]
学校種別 公立
設置者 広島県
本部所在地 広島県東広島市西条町大字御薗宇8511-1
学部 農学科
畜産学科
テンプレートを表示

広島農業短期大学(ひろしまのうぎょうたんきだいがく、英語: Hiroshima Agricultural College[1])は、広島県東広島市西条町大字御薗宇8511-1に本部を置いていた日本公立大学である。1954年に設置。大学の略称は広農短。学生募集は1988年度まで、1990年廃止。廃止後は、広島県立大学となり、2005年度より県立広島大学生命環境学部となっている。

概要[編集]

大学全体[編集]

教育および研究[編集]

  • 広島農業短期大学は農業後継者・農業技術指導者・農村社会のリーダー養成に力をいれていた[2]

学風および特色[編集]

  • 広島農業短期大学は、広島県における農業振興をねらいに設置された[3]
  • 山陽地方唯一の農業系短大となっていた。

沿革[編集]

  • 1954年 広島農業短期大学開学。農業科を置く(在籍者は男子76[4])。
  • 1967年 畜産科を増設(在籍者は60人、うち女子3人[5]
  • 1968年 キャンパスを移転[3]
  • 1969年 学科名を変更。
    • 農業科→農学科
    • 畜産科→畜産学科
  • 1988年 最後の学生募集となる:この年度における総学生数は、農学科で161(うち女子40)、畜産学科で114(うち女子48)となっている。[6]
  • 1990年 廃止される。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 広島県東広島市西条町大字御薗宇8511-1

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

附属機関[編集]

  • 附属農場[3]
  • 附属図書館:館内に広島県農林業資料センターが設置された[3]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 設備:広島農業短期大学は、1968年のキャンパス移転時に体育館・大学会館・畜産研究所などが新築された。農業短期大学の廃止後、キャンパス跡地には広島中央サイエンスパークが整備された。[10]

[編集]

  • 学生寮あり[3]

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

系列校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

  • 広島県内の農業関係諸機関への就職者が多いものとなっていた。

関連項目[編集]

関連サイト[編集]

広島農業短期大学に関する書物[編集]

  • 『広島農業短期大学の歩みと回想』[11]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://ci.nii.ac.jp/naid/110001826088より
  2. ^ 『全国公立短期大学協会三十年誌』185頁より
  3. ^ a b c d e f 『全国公立短期大学協会三十年誌』184頁より
  4. ^ 昭和30年度版『全国学校総覧』より
  5. ^ 昭和43年度版『全国学校総覧』27より
  6. ^ 平成元年度版『全国学校総覧』50より
  7. ^ 入学定員80名となっていた。
  8. ^ 入学定員60名となっていた。
  9. ^ 全国短期大学受験案内』(晶文社昭和40年度版77頁
  10. ^ 上原有紀子 「現地調査報告 : 広島県における国際教育協力への取組み」、国立国会図書館 レファレンス 638号(2004年3月)、68頁脚注 (PDF)
  11. ^ 広島市立図書館ほか所蔵。閉学となった1990年に発行された書物。開学から閉学までのあらましが集約された書物となっている。