平岡八幡宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
平岡八幡宮
Le Temple Shintô Hiraoka Hachiman-gû - Le lieu du culte (Shin-den)2.jpg
社殿
所在地 京都府京都市右京区梅ヶ畑宮ノ口町23
位置 北緯35度02分27.6秒 東経135度41分15.7秒 / 北緯35.041000度 東経135.687694度 / 35.041000; 135.687694 (平岡八幡宮)座標: 北緯35度02分27.6秒 東経135度41分15.7秒 / 北緯35.041000度 東経135.687694度 / 35.041000; 135.687694 (平岡八幡宮)
主祭神 誉田別命
社格村社
創建 大同4年(809年)12月10日
例祭 10月上旬(日曜日)
主な神事 三役相撲
地図
平岡八幡宮の位置(京都市内)
平岡八幡宮
平岡八幡宮
テンプレートを表示

平岡八幡宮(ひらおかはちまんぐう)は、京都市右京区梅ヶ畑にある神社。旧社格村社梅ヶ畑八幡宮(うめがはたはちまんぐう)とも呼ばれ梅ヶ畑一帯の産土社である。また、山城国最古の八幡宮でもある。

祭神[編集]

歴史[編集]

大同4年(809年)12月10日に神護寺鎮守として空海豊前国宇佐八幡宮から勧請し、空海自らが描いた僧形八幡神像を御神体として創建されたとされている。応永14年(1407年)の焼失後しばらく荒廃していたが、足利義満の奥方が女官とともに高雄紅葉狩りに訪れた際に、荒れ果てた八幡宮の姿に心を痛めたことが社殿を再興するきっかけとなり、義満によって再建されたという伝承がある[1]

現在の本殿は文政9年(1826年)に造営されたものである。

明治時代になると村社に列せられている。

本殿前にあるブナ科ツブラジイは、京都市では最大径級のシイで、樹齢約600年以上である。

神事[編集]

毎年10月祭礼『三役相撲』は地元の子供と大人が取り組み、の加護を受けた子供が勝つという古くから伝わる神事である。

境内[編集]

  • 本殿(京都市指定有形文化財) - 文政9年(1826年)に大工・上嵯峨の宗兵衛と室町の中川常右衛門藤原忠寛の手によって再建されたもので、京都市内に現存する数少ない切妻造の本殿の一つである。本殿天井には極彩色の花卉図が44面描かれており「花の天井」と呼ばれ、更に内法長押には熨斗に包まれた椿が描かれるなど装飾性の強い空間になっており、これら彩色画を描いたのは綾戸鐘次郎藤原之信である。
  • 拝所
  • 拝殿
  • 社務所
  • 庭園「椿の小径」 - 約200種の椿が植えられている。
  • 為朝の試し石 - 源為朝が矢で射抜いたといわれる石。
  • 相撲

摂末社[編集]

  • 若宮社 - 摂社。
  • 地主社 - 摂社。
  • 武内社 - 摂社。
  • 貴布弥社 - 末社

文化財[編集]

京都市指定有形文化財[編集]

現地情報[編集]

所在地
交通アクセス
  • 最寄バス停:JRバス、京都市営バス8号系統バス停「平岡八幡前」下車後、徒歩約3分

脚注[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]