平岡八幡宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
平岡八幡宮
Le Temple Shintô Hiraoka Hachiman-gû - Le lieu du culte (Shin-den)2.jpg
本殿
所在地 京都府京都市右京区梅ヶ畑宮ノ口町23番地
位置 北緯35度02分27.6秒
東経135度41分15.7秒
座標: 北緯35度02分27.6秒 東経135度41分15.7秒
主祭神 応神天皇
社格 村社
創建 809年12月10日(空海
例祭 10月上旬(日曜日)
主な神事 三役相撲
テンプレートを表示

平岡八幡宮(ひらおかはちまんぐう)は、応神天皇祭神とする京都府京都市右京区梅ヶ畑宮ノ口町にある神社八幡宮)。梅ヶ畑八幡宮(うめがはたはちまんぐう)とも呼ばれ梅ヶ畑一帯の産土社である。また、山城国最古の八幡宮でもある。

由緒[編集]

大同4年(809年)に神護寺鎮守として空海大分県宇佐八幡宮から勧請したのが起源であり、応永14年(1407年)の焼失後には足利義満社殿を再建している。

現在の本殿文政9年(1826年)に造営されたもので、大工は上嵯峨の宗兵衛と室町の中川常右衛門藤原忠寛である。この本殿は京都市内に現存する数少ない切妻造本殿の一つであり、平成12年に京都市有形文化財に指定されている。本殿天井には極彩色の花卉図が44面描かれており「花の天井」と呼ばれ、更に内法長押には熨斗に包まれた椿が描かれるなど装飾性の強い空間になっており、これら彩色画を描いたのは綾戸鐘次郎藤原之信である。

また、毎年10月祭礼『三役相撲』は地元の子供と大人が取り組み、の加護を受けた子供が勝つという古くから伝わる神事である。

神事[編集]

摂末社、名所[編集]

  • 若宮社(わかみやしゃ・摂社)
  • 地主社(じしゅしゃ・摂社)
  • 武内社(たけのうちしゃ・摂社)
  • 貴布弥社(きふねしゃ・末社)
  • 為朝の試し石 - 源為朝が矢で射抜いたといわれる石、鈴鹿野風呂の句碑

境内[編集]

交通アクセス[編集]

  • JRバス「平岡八幡前」から徒歩3分