川田侃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川田 侃(かわた ただし、1925年6月22日 - 2008年2月14日)は、日本経済学者東京大学および上智大学名誉教授日本学士院会員。従四位勲二等経済学博士。専門は、国際関係論国際政治経済学

来歴・人物[編集]

栃木県生まれ。父の川田準一郎は東京帝国大学法科大学卒の弁護士旧制東京高校、東京大学経済学部卒業。高校教諭を経て、東京大学社会科学研究所研究員、東京大学教養学部助手・助教授、東京大学経済学部助教授・教授、上智大学外国語学部教授、フェリス女学院大学教授を歴任。

1997年(平成9年)12月12日日本学士院会員。1998年(平成10年)勲二等瑞宝章受章。2008年(平成20年)2月14日死去。叙従四位

著書[編集]

単著[編集]

  • 『国際関係概論』(東京大学出版会、1958年)
  • 『經濟學講義』(東京大学出版会、1959年)
  • 『世界経済入門』(東京大学出版会、1963年)
  • 『帝国主義と権力政治』(東京大学出版会、1963年)
  • 『現代国際経済論』(岩波書店、1967年)
  • 『アジアの挑戦』(東京大学出版会[UP選書]、1969年)
  • 『軍事経済と平和研究』(東京大学出版会、1969年)
  • 『「小日本主義」のすすめ――平和のための経済学』(ダイヤモンド社、1972年)
  • 『自立する第三世界と日本――現代における平和の構造』(日本経営出版会、1977年)
  • 『国際関係の政治経済学』(日本放送出版協会、1980年)
  • 『経済摩擦』(東京書籍、1982年)
  • 『南北問題――経済的民族主義の潮流』(東京大学出版会[UP選書]、1983年)
  • 『新・経済摩擦』(東京書籍、1986年)
  • 『国際政治経済学をめざして』(御茶の水書房、1988年)
  • 『国際政治経済を見る眼』(東京書籍、1991年)

共著[編集]

  • (徐照彦)『現代国際社会と経済』(御茶の水書房、1983年)

共編著[編集]

  • 三輪公忠)『現代国際関係論――新しい国際秩序を求めて』(東京大学出版会、1980年)
  • 西川潤)『太平洋地域協力の展望』(早稲田大学出版部、1981年)
  • 碓氷尊)『経済発展と技術移転――ラテンアメリカの工業化を中心に』(日本国際問題研究所、1983年)
  • 石井摩耶子)『発展途上国の政治経済学』(東京書籍、1987年)
  • 鶴見和子)『内発的発展論』(東京大学出版会、1989年)
  • 大畠英樹)『国際政治経済辞典』(東京書籍、1993年/改訂版、2003年)

著作集[編集]

  • 『国際学(全6巻)』(東京書籍、1996年-1998年)
  1. 「国際関係研究」
  2. 「権力政治研究」
  3. 「平和研究」
  4. 「南北問題研究」
  5. 「国際経済研究」
  6. 「国際政治経済研究」