川島康生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川嶋 康生(かわしま やすなる、1930年昭和5年〉8月23日 - )は、日本の医学者医師国立循環器病センター名誉総長大阪大学名誉教授医学博士(大阪大学、1961年)。

略歴・人物[編集]

大阪府出身。1943年昭和18年)大阪府池田師範学校附属国民学校(現・大阪教育大学附属池田小学校)卒業。大阪府立豊中中学校旧制[1])を経て京都大学工学部に入学[2]大阪大学医学部を卒業。

体外循環の安全性の向上の研究を行い、先天性心臓奇形に対する川島手術など多くの新しい手術を世界に先駆けて発表するなど、日本の心臓外科医の第一人者として活躍。学校法人大阪薬科大学理事長なども務めた。

年譜[編集]

その他の役職[編集]

受賞歴・叙勲歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]