川島実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川島 実(かわしま みのる、1974年8月1日 - )は、元プロボクサー医師仏僧。気仙沼市立本吉病院元院長。ドイツ文学者の川島隆は実弟。

経歴・人物[編集]

京都府長岡京市生まれ、奈良県奈良市育ち。東大寺学園高校を経て京都大学医学部医学科へ進学。大学入学後、体を鍛える目的で偶然始めたボクシングで頭角を現し、6年時(1998年)にプロ合格。京都拳闘会所属。

「現役医学部生ボクサー」として注目を集め、西日本新人王(ウェルター級)・MVPに輝いた[1]。中日本新人王・西部日本新人王を下し、西軍代表として全日本新人王決定戦に臨むが、東軍代表(相原一隆)に判定負けを喫する。プロ通算戦歴は15戦9勝(5KO)5敗1分。

プロボクサーの現役時代に医師国家試験に合格し、医師免許を取得。

29歳でボクサーを引退した後、地域医療に携わる。東日本大震災の発生後はボランティア医療のため、常勤医不在の宮城県気仙沼市立本吉病院へ、当時の勤務地であった山形県から片道4時間かけて毎週末通い詰めた。不在だった院長就任を依頼され、2011年10月就任[2]。医療体制に道筋をつけて2014年3月退任、フリーランスの医師となる[3]

2014年東大寺で在家僧侶の資格を取得[4]

両親ともに京都大学出身。家族は薬剤師の妻と1男3女[1]

2018年12月、2019年4月投票の奈良県知事選挙への出馬を表明した[5]が、現職の荒井正吾に約15万票近い差を付けられ、候補者3人の中では最少得票(10万8701票)で落選した[6]

参考文献[編集]

  • TBSZONE」第42回 2000年9月14日 放送
  • 日刊スポーツ「ボクサー病院長、気仙沼で密着ファイト」2011年10月11日 掲載
  • 毎日新聞「ひと」欄 「被災地の病院長になった元プロボクサー 川島実さん」2012年3月22日朝刊 掲載
  • TBS「報道特集」2012年3月31日 放送
  • MBS(TBS系列)「情熱大陸」2013年3月10日 放送
  • TBS「報道特集」2014年12月13日 放送

脚注[編集]

外部リンク[編集]