川勝継氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
川勝継氏
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 享禄4年(1531年
死没 慶長7年3月21日1602年5月12日
別名 大膳亮、兵部大輔
戒名 永運(法名)
墓所 京都市の智恩寺
官位 備後
幕府 室町幕府 奉公衆
主君 足利義輝織田信長豊臣秀吉
徳川家康(?)
氏族 本姓:秦氏秦河勝後裔
名字:川勝氏
父母 父:川勝広継、母:某氏
兄弟 川勝継氏川勝知氏、某(監物)、
某(喜内)、某(左馬丞)
正室:某氏
川勝秀氏川勝重氏川勝氏久
某(三右衛門)
テンプレートを表示

川勝 継氏(かわかつ つぐうじ)は、戦国時代から安土桃山時代丹波武将。本姓は秦氏で、秦河勝の後裔とされる。

生涯[編集]

享禄4年(1531年)、川勝広継の嫡男として丹波に生まれた。丹波国桑田郡船井郡内を知行し、桑田郡今宮に住んで、室町幕府13代将軍足利義輝奉公衆として仕えた。

その後、15代将軍・足利義昭織田信長が対立すると信長に従った。天正元年(1573年)、信長の命を受けた細川藤孝に従って、山城国淀城攻め(第二次淀古城の戦い[1]に参加している。天正4年(1576年)からの明智光秀の丹波攻略には与力となって協力し[2]、信長により戦功を賞された。天正10年(1582年)の本能寺の変以降は豊臣秀吉に仕え、同年9月9日には嫡男・秀氏が秀吉より丹波国何鹿郡内で3,535石を与えられている。慶長3年(1598年)、初めて徳川家康に謁見し、秀吉死後は家康に仕えた[3]

慶長7年(1602年)3月21日、72歳で死去。

脚注[編集]

  1. ^ 足利義昭の求めに応じて、岩成友通が淀古城に立て篭もって奮戦したが討ち取られた。
  2. ^ 継氏の手勢は、同じ丹波の国衆のうち反信長を掲げた宇津氏攻めなどで活躍した。
  3. ^ 寛政重修諸家譜』の記述によった。『戦国人名事典コンパクト版』によれば、関ヶ原の戦いでは西軍に加わり所領を没収されたとある。

参考文献[編集]

  • 『寛永諸家系図伝(第14)』続群書類従完成会、1992年
  • 『寛政重修諸家譜(第18)新訂』続群書類従完成会、1981年
  • 『戦国人名事典コンパクト版』阿部猛、西村圭子、新人物往来社、1990年9月。ISBN 4-404-01752-9

関連項目[編集]