岡村吉右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡村 吉右衛門(おかむら きちえもん、1916年7月6日[1]- 2002年)は、染織家民芸運動家。鳥取県鳥取市出身。

中国大陸沖縄、戦後は北海道を中心に日本各地を歩き、民俗工芸を調査。成果生かした創作活動で知られる。

略歴[編集]

著書[編集]

  • 『柳宗悦と初期民民藝運動』玉川大学出版部、1991年
  • 『工藝 機能と美を求めて』東海大学文化選書、1978年
  • 『象徴の美 装飾美論』玉川大学出版部、1977年
  • 『日本原始織物の研究』文化出版局、1977年
  • 『版と型の美』美術出版社、1968年

共著[編集]

  • 『染めもの』四本貴資共著 <新技法シリーズ>美術出版社、1979年
  • 『民藝』村岡景夫共著 <日本の美術 別巻>平凡社 1979年
  • 編著 『南国沖縄光と技 沖縄と南の島々』竹内淳子共著 <日本の技10>集英社、1983年
  • 編著 『日本の染織16 アイヌの衣裳』京都書院美術双書、1993年
  • 編著『民窯』<日本陶磁大系27>平凡社、1974年、新版1989年 
    • 編著『民窯』<日本のやきもの26>講談社、1976年

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』