山路一善

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山路 一善
Yamaji Kazuyoshi.jpg
海軍中佐時代
生誕 1869年4月24日
愛媛県松山市
死没 (1963-03-13) 1963年3月13日(満93歳没)
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1892 - 1934
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

山路 一善(やまじ かずよし、明治2年3月13日1869年4月24日)- 1963年昭和38年)3月13日)は、明治から大正大日本帝国海軍海軍中将。兄に愛媛県師範学校長の山路一遊と、日本興業銀行副総裁の佃一予。夫人「すえ」は山本権兵衛の次女(財部彪夫人の実妹)。日本海軍での航空兵力の導入、整備に尽力し、「海軍航空の生みの親」と呼ばれる。

経歴[編集]

現在の愛媛県松山市松山藩士・山路一審の三男として生まれる。

1886年(明治19年)海軍兵学校に入校。

1890年(明治23年)7月17日、海兵17期卒業。海軍少尉候補生として「比叡」乗組。

少尉任官後、日清戦争には「千代田」航海士として参加。

日露戦争開戦時は連合艦隊第一艦隊第二戦隊参謀(少佐)。日本海海戦には第一艦隊第三戦隊参謀として参加(中佐)。

第一次世界大戦第三特務艦隊司令官(少将)。イギリス政府の要請により、ドイツの通商破壊活動への海上護衛任務のために軽巡洋艦「筑摩」「平戸」を率いてオーストラリアニュージーランド方面に出撃。シドニーを拠点に海上護衛任務を行う。

1923年(大正12年)3月31日予備役

1929年(昭和4年)3月13日、後備役。

1934年(昭和9年)3月13日、退役

最終階級は海軍中将。

栄典[編集]

人物[編集]

海兵17期の卒業席次は88人中3位。同期首席卒業は同郷の秋山真之であった。

第三特務艦隊司令官のとき、ドイツ仮装巡洋艦ゼーアドラー号の艦長フェリクス・フォン・ルックナーと面会している。

長男は、太平洋戦争終戦時の築城海軍航空隊司令・山路一行大佐(海兵49期・東京出身)。妹のヨシは横山新治陸軍大佐に嫁ぎ、その長男が横山勇である[7]

著書[編集]

  • 『禅の応用-日露海戦秘録』秀文閣、1941年。
  • 『隻手の声-禅の活用』筑度書房、1958年。
  • 『日本海軍の興亡と責任者たち』筑土書房、1959年。

出典[編集]

  1. ^ 『官報』第3727号「叙任及辞令」1895年11月29日。
  2. ^ 『官報』第6426号「敍任及辞令」1904年11月30日。
  3. ^ 『官報』7005号・付録「叙任及辞令」1906年11月2日。
  4. ^ 『官報』第7771号「叙任及辞令」1909年5月24日。
  5. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。
  6. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  7. ^ 『続 現代史資料 (4) 陸軍 畑俊六日誌』(みすず書房)536頁

関連項目[編集]