山谷拓志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山谷 拓志(やまや たかし、1970年6月24日 - )は、東京都昭島市出身の元アメリカンフットボール選手、実業家。プロバスケットボールチーム・リンク栃木ブレックス代表、ナショナル・バスケットボール・リーグの運営法人である一般社団法人日本バスケットボールリーグの専務理事兼COO、サイバーダインつくばロボッツ代表を歴任した。

人物[編集]

昭島市立富士見ヶ丘小学校、八王子市立由井中学校を卒業後、 慶應義塾高等学校でアメフトを始め、慶應義塾大学では4年時にバイスキャプテンを務め、学生日本代表にも選出される。

1993年、卒業後にリクルートに入社するとともに、リクルートシーガルズ(当時)入部。選手として1996・1998年の2度ライスボウル優勝を経験。 リクルートでは営業職、企画職、組織人事コンサルタント職を歴任。

2000年、リクルートを退社するとともに引退。シーガルズのアシスタントゼネラルマネジャーに就任。

2002年、クラブチーム化されたシーガルズのオフェンスアシスタントコーチに就任。東京スーパーボウル優勝に導く。

一方、日本社会人アメリカンフットボール協会活性化推進委員も務めた。

2003年、株式会社リンクアンドモチベーションのコンサルタントに就任。多くの企業の研修講師を務めた。

2007年に株式会社ドリームチームエンタテイメント栃木(現・株式会社栃木ブレックス)代表取締役社長に就任。栃木ブレックス(現・リンク栃木ブレックス)としてJBL2参戦。優勝するとともにJBL昇格を果たす。JBL1年目には田臥勇太を獲得するなど積極的な補強を実施するとともに、アメフト時代に培ったノウハウを生かした経営を取り入れ、2年目には初優勝へと導き、3年連続で黒字決算を達成した。2年連続でトップリーグトロフィーを受賞(2年連続は史上初)。

2012年6月、日本バスケットボール協会新リーグ運営本部副本部長兼COOに就任。それに伴い、株式会社リンクスポーツエンターテインメントの社長を退任。

2013年7月、National Basketball League運営法人の一般社団法人日本バスケットボールリーグ専務理事兼COOに就任。

2014年11月、つくばロボッツ(2015年7月よりサイバーダインつくばロボッツ、2016年7月よりサイバーダイン茨城ロボッツにチーム名変更)の経営再建にあたるためNBL専務理事を退任。つくばロボッツの新運営法人株式会社つくばスポーツエンターテインメントを設立し社長に就任した。

リンクアンドモチベーション社長でリンク栃木ブレックス会長の小笹芳央はリクルート時代の上司。

関連項目[編集]