リンクアンドモチベーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社リンクアンドモチベーション
Link and Motivation Inc.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 2170
本社所在地 日本の旗 日本
104-0061
東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 12F
設立 2000年3月27日
業種 コンサルティング
事業内容 事業の節を参照
代表者 小笹芳央(代表取締役会長
坂下英樹(代表取締役社長
資本金 13億8,061万円
売上高 連結339億円
(2016年12月期)
純資産 連結57億4,826万円
(2016年12月)
総資産 連結187億円
(2016年12月)
従業員数 連結1,239名(2016年12月)
決算期 12月31日
主要株主 (株)フェニックス 39.98%
リンクアンドモチベーション従業員持株会 7.52%
株式会社リンクアンドモチベーション 6.59%
(2016年12月)
主要子会社 関連会社の節を参照
外部リンク http://www.lmi.ne.jp/
特記事項:(株)フェニックスは小笹芳央の資産管理会社
テンプレートを表示

株式会社リンクアンドモチベーションLink and Motivation Inc.)は、日本の経営コンサルティング会社。

概要[編集]

2000年にリクルートの組織人事コンサルティング室出身の小笹芳央によって設立された。「モチベーション」を切り口に、主に企業に向けて人材採用・人材育成・風土変革・制度設計のコンサルティングをワンストップで提供している。創業8年で東証一部上場。

設立当初より、基幹技術として「モチベーションエンジニアリング」を確立し(基幹技術の節を参照)、現在では、企業に向けたコンサルティングからイベント・メディア・アウトソース事業に派生させた「組織開発」、個人に向けてキャリアスクールや学習塾を運営する「個人開発」、組織と個人をつなぐ役割としてALT配置や人材紹介・派遣を行う「マッチング」と事業を展開している。

また、2013年にはベンチャーインキュベーションを開始し投資活動にも活動の幅を広げている。

基幹技術[編集]

リンクアンドモチベーションの基幹技術である「モチベーションエンジニアリング」は、経営学社会システム論行動経済学心理学などの学術成果を統合して生み出された独自の技術である。

空理空論ではなく「実効性」に、勘・度胸・経験ではなく「再現性」に拘りを持って築き上げており、すべての事業においてこの技術が使われている。

この技術の背景にある思想、視点は独自の「人間観」「組織観」にある。人は「金銭報酬」に加えて、貢献欲求や成長欲求などを満たす「意味報酬」も求める「限定合理的な感情人」であるという人間観と、組織は要素還元できない「協働システム」であり、それゆえに組織の問題は「人」ではなく、その「間」に生じるという組織観が前提となっている。

事業内容[編集]

  • Ⅰ.組織開発Division -企業を取り巻くステークホルダー(社員・応募者・顧客・株主)との関係構築と関係強化を支援
    • ①コンサル・アウトソース事業 社員のモチベーションに着目した組織人事コンサルティング及びBPO
    •  ②イベント・メディア事業 ステークホルダーとのコミュニケーションに着目し、イベント企画運営やメディア制作
  • Ⅱ.個人開発Division -中高生から社会人を対象に、受験からプログラミング・資格取得に至るまで、主体的・自立的なキャリア創りをトータル支援
    • ③キャリアスクール事業 PC・プログラミングスクール「AVIVA」、資格スクール「DAIEI」等のキャリアスクール運営
    • ④学習塾事業 中高生を対象にした学習塾「モチベーションアカデミア」の運営
  • Ⅲ.マッチングDivision -「求人ニーズのある組織」と「キャリアアップをしたい個人」のマッチング、企業や学校法人への人材紹介・派遣・配置によって支援
    • ⑤ALT配置事業 学校法人のニーズに対応した外国語指導講師ALTの配置
    • ⑥人材紹介・派遣事業 企業の人材ニーズに対応した人材紹介・派遣
  • Ⅳ.ベンチャー・インキュベーション - リンクアンドモチベーショングループの思想に共感し、上場を目指す企業に対して、資金面に加え、組織人事面からも支援

沿革[編集]

  • 2000年4月       東京・銀座6丁目「銀座UKビル」にて創業。
  • 2001年4月       東京・銀座3丁目「銀座オーミビル」へ本社移転
  • 2001年5月       大阪・梅田に大阪支社開設
  • 2001年8月       本社オフィス「第14回日経ニューオフィス賞」経済産業大臣賞受賞
  • 2007年6月       関西支社、梅田2丁目「ヒルトンプラザウエストオフィスタワー」に移転
  • 2007年12月     東京証券取引所市場第二部に上場
  • 2008年4月       東海支社を「近鉄新名古屋ビル」に開設
  • 2008年12月     東京証券取引所市場第一部に指定変更
  • 2013年1月       小笹芳央、代表取締役会長就任                       坂下英樹、代表取締役社長就任
  • 2015年3月       株式会社リンクアンドモチベーションが平成26年度「健康経営銘柄」に選定
  • 2017年3月       リンクアンドモチベーショングループが平成28年度「準なでしこ銘柄」に選定
  • 2017年5月       東京・銀座6丁目「GINZA SIX」へ本社移転

出身者[編集]

  • 藤﨑雄三 - 大田区教育委員会委員長、一般財団法人日本教育推進財団理事
  • 辻太一朗 - NPO法人DSS(大学教育と就職活動のねじれを直し、大学生の就業力を向上させる会)代表
  • 佐藤浩也 - 株式会社ディー・サイン 代表取締役社長
  • 加藤明拓 - 株式会社フォワード 代表取締役 
  • 宮崎雅則 - 株式会社フィールドマネージメント 取締役
  • 山谷拓志 - サイバーダイン茨城ロボッツ代表
  • 吉田宗興 - 株式会社ブルームウィル 代表取締役社長
  • 小林傑 - 株式会社フィールドマネージメント 取締役
  • 山口義宏 - インサイトフォース株式会社 代表取締役
  • 茂木崇史 - 一般社団法人まちの誇り 代表理事、株式会社BOLBOP 代表取締役CHO(元マッキンゼー・アンド・カンパニー
  • 安部泰洋 - 株式会社フロムスクラッチ 代表取締役
  • 讃井康智 - ライフイズテック株式会社 取締役
  • 本澤友行 - 株式会社ヴィレッジヴァンガードウェブド 執行役員
  • 徳末明子 - 笹川アフリカ協会 プログラム・オフィサー
  • 尾崎えり子 - キッズスポーツクリエーション株式会社 代表取締役
  • 川村よしと - 西宮市議会議員
  • 水落裕介 - 株式会社プロジェクトフォース 代表取締役
  • 佐藤寛之 - 株式会社カオナビ 取締役
  • 福嶋一郎 - 株式会社ヒーローインキュベーター 代表取締役
  • 上田浩史 - LiveAlive株式会社 代表取締役CEO
  • 有宗麻莉子 - 日本のラジオパーソナリティ、ナレーター、キャスター、女優
  • 山下貴嗣 - 株式会社Bace(Bean to Bar Chocolate Minimalの運営) 代表取締役社長
  • 今村健一 - 株式会社マーケットエンタープライズ 取締役・CFO
  • 長谷川悦子 - 株式会社esquisse 代表取締役
  • 黒沼賢人 - 株式会社Locare 代表取締役

関連グループ会社[編集]

関連サイト

脚注[編集]

[ヘルプ]


外部リンク[編集]