リンクアンドモチベーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社リンクアンドモチベーション
Link and Motivation Inc.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 2170
本社所在地 日本の旗 日本
104-0061
東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 12F
設立 2000年3月27日
業種 コンサルティング
事業内容 事業の節を参照
代表者 小笹芳央(代表取締役会長
坂下英樹(代表取締役社長
資本金 13億8,061万円
売上高 連結339億円
(2016年12月期)
純資産 連結57億4,826万円
(2016年12月)
総資産 連結187億円
(2016年12月)
従業員数 連結1,239名(2016年12月)
決算期 12月31日
主要株主 (株)フェニックス 39.98%
リンクアンドモチベーション従業員持株会 7.52%
株式会社リンクアンドモチベーション 6.59%
(2016年12月)
主要子会社 関連会社の節を参照
外部リンク http://www.lmi.ne.jp/
特記事項:(株)フェニックスは小笹芳央の資産管理会社
テンプレートを表示

株式会社リンクアンドモチベーションLink and Motivation Inc.)は、日本の経営コンサルティング会社。

概要[編集]

2000年にリクルート組織人事コンサルティング室出身の小笹芳央によって設立された。ビジネス部門とコンシューマー部門を展開。[1]主に企業向けにコンサルティングサービスを提供し、創業8年で東証一部上場。 ブランディングやIRのコンサルティングの他、2013年にはインキュベーション事業を開始。現在グループ会社は13社。

JBL2009-2010シーズンチャンピオン、プロバスケットボールBリーグの初代王者のプロバスケットボールチーム「リンク栃木ブレックス」の、メインスポンサーでありネーミングライツを有している。

事業内容[編集]

  • ビジネス部門
    • 組織人事コンサルティング事業
    • イベント・メディア事業
    • 人材紹介・派遣事業
    • ALT配置事業
  • コンシューマー部門
    • スクール事業
    • エンターテインメント事業

沿革[編集]

  • 2000年4月 - 東京・銀座6丁目の銀座UKビルで創業。
  • 2000年7月 - プレイスマネジメント事業を開始。
  • 2001年4月 - 東京・銀座3丁目へ本社移転。
  • 2001年5月 - 大阪・梅田に大阪支社設立。
  • 2001年10月 - 企業の会員組織「モチベーションカンパニークラブ」スタート。
  • 2003年4月 - 教育機関向けコンサルティング事業を開始。
  • 2004年3月 - 株式会社リンクダイニング設立。
  • 2004年5月 - スポーツチーム向けコンサルティング事業を開始。
  • 2004年7月 - ブランドコンサルティング事業を開始。
  • 2004年11月 - 東京・汐留に東京支社を開設。
  • 2004年12月 - 銀座にレストラン「LINK DINING.IT」営業開始。株式会社リンクプレイス設立。
  • 2006年6月 - 株式会社アイジャスト(現リンクアンドモチベーション)子会社化。
  • 2006年7月 - 名古屋サテライトオフィス開設(名古屋・名駅)。
  • 2007年1月 - 株式会社オーディーエスから、ブランドエンジニアリング事業とコーポレートコミュニケーション事業を買収。
  • 2007年12月17日 - 東京証券取引所2部上場。
  • 2008年4月 - JBLプロバスケットボールチームとネーミングライツを契約/チーム名「リンク栃木ブレックス」。
  • 2008年7月 - 株式会社日本インベスターズサービスがLMグループ入り。
  • 2008年10月 - ワークスリアルター株式会社がLMグループ入り。
  • 2008年12月17日 - 東京証券取引所1部指定替え。
  • 2009年1月 - 株式会社イーニュースがLMグループ入り。
  • 2009年2月 - 株式会社リンクインベスターリレーションズ設立。
  • 2009年2月 - 東京・銀座1丁目に、本社別館開設。
  • 2009年4月 - 株式会社リンクアソシアを株式会社リンクアンドモチベーションへ統合。
  • 2009年4月 - ワークスリアルター株式会社を株式会社リンクプレイスへ統合。
  • 2009年4月 - 株式会社リンクインベスターリレーションズ創業。
  • 2009年5月 – デジット株式会社がLMグループ入り
  • 2009年5月 – 株式会社ドリームチームエンターテインメント栃木(後のリンクスポーツエンターテインメント)がLMグループ入り
  • 2009年10月 – 株式会社ミヒロツーリスト(現:リンクイベントプロデュース)がLMグループ入り
  • 2010年11月 –株式会社栄光との業務提携、株式会社モチベーションアカデミア設立
  • 2010年12月 –デジット株式会社を吸収合併
  • 2011年2月 – 株式会社レイズアイ(現:リンク・アイ)設立
  • 2011年6月 – 株式会社アビバがLMグループ入り
  • 2012年1月 – 株式会社栄光との業務提携解消しモチベーションアカデミアを100%子会社化
  • 2012年1月 – 株式会社リンクプレイスがグループアウト
  • 2012年1月 – 株式会社インテック・ジャパン(現:リンクグローバルソリューション)がLMグループ入り
  • 2012年2月 – 株式会社セールスマーケティング(現:リンク・マーケティング)がLMグループ入り
  • 2012年3月 – 株式会社アヴァンセがLMグループ入り
  • 2012年10月 – 株式会社フリーポートがLMグループ入り
  • 2012年12月 – 株式会社フリーポートを株式会社リンクコーポレイトコミュニケーションズに統合
  • 2013年1月 – 大栄教育システム株式会社がLMグループ入り
  • 2013年1月 – 小笹芳央が代表取締役会長CEO就任、坂下英樹が代表取締役社長COO就任
  • 2013年4月 – 株式会社レイズアイが株式会社リンク・アイに社名変更
  • 2013年4月 – 株式会社セールスマーケティングが株式会社リンク・マーケティングに社名変更
  • 2013年4月 – 株式会社インテック・ジャパンが株式会社リンクグローバルソリューションに社名変更
  • 2013年11月 – 中小・ベンチャー企業向けサービス インキュベーション事業推進室を設置
  • 2013年12月 – ジョイントベンチャー株式会社アニバーサリーを設立
  • 2013年12月 – 株式会社アビバと大栄教育システム株式会社が統合し、株式会社リンクアカデミー設立
  • 2014年4月 – 株式会社インタラックの株式取得(子会社化)
  • 2014年5月 – 株式会社アカツキへ出資契約書締結
  • 2014年8月 – 株式会社FiNCへの出資に関する基本合意書締結
  • 2014年9月 – アイリードスタッフ株式会社の株式取得契約締結
  • 2014年11月 – 株式会社ネオキャリアと出資に関する基本合意書締結
  • 2015年2月 – 株式会社リーディングマークへ出資(第8号案件)
  • 2015年2月 – リノベる株式会社と出資に関する基本合意書締結
  • 2015年2月 – 株式会社スクー第三者割当増資を引き受け、同社に出資。(第9号案件)
  • 2015年2月 – ラクスル株式会社の第三者割当増資を引き受け、同社に出資。
  • 2015年2月 – 株式会社リンク・リレーション・エンジニアリング設立。
  • 2015年3月 – 社外取締役候補者に澤田貴司を選任。
  • 2016年3月 – 木通浩之、取締役就任。 岡島悦子、湯浅智之、社外取締役就任。
  • 2016年7月 – 株式会社リンクスポーツエンターテインメントの全株式を(株)栃木ブレックスに譲渡
  • 2016年10月 – 株式会社リンクジャパンキャリア設立
  • 2017年3月 – 平成28年度「準なでしこ銘柄」に選定
  • 2017年4月 –ディーンモルガン株式会社の株式取得(子会社化)
  • 2017年5月 –本社移転(銀座3丁目から6丁目へ)

出身者[編集]

  • 藤﨑雄三 - 大田区教育委員会委員長、一般財団法人日本教育推進財団理事
  • 辻太一朗 - NPO法人DSS(大学教育と就職活動のねじれを直し、大学生の就業力を向上させる会)代表
  • 佐藤浩也 - 株式会社ディー・サイン 代表取締役社長
  • 加藤明拓 - 株式会社フォワード 代表取締役 
  • 宮崎雅則 - 株式会社フィールドマネージメント 取締役
  • 山谷拓志 - サイバーダイン茨城ロボッツ代表
  • 吉田宗興 - 株式会社ブルームウィル 代表取締役社長
  • 小林傑 - 株式会社フィールドマネージメント 取締役
  • 山口義宏 - インサイトフォース株式会社 代表取締役
  • 茂木崇史 - 一般社団法人まちの誇り 代表理事、株式会社BOLBOP 代表取締役CHO(元マッキンゼー・アンド・カンパニー
  • 安部泰洋 - 株式会社フロムスクラッチ 代表取締役
  • 讃井康智 - ライフイズテック株式会社 取締役
  • 本澤友行 - 株式会社ヴィレッジヴァンガードウェブド 執行役員
  • 徳末明子 - 笹川アフリカ協会 プログラム・オフィサー
  • 尾崎えり子 - キッズスポーツクリエーション株式会社 代表取締役
  • 川村よしと - 西宮市議会議員
  • 水落裕介 - 株式会社プロジェクトフォース 代表取締役
  • 佐藤寛之 - 株式会社カオナビ 取締役
  • 福嶋一郎 - 株式会社ヒーローインキュベーター 代表取締役
  • 上田浩史 - LiveAlive株式会社 代表取締役CEO
  • 有宗麻莉子 - 日本のラジオパーソナリティ、ナレーター、キャスター、女優
  • 山下貴嗣 - 株式会社Bace(Bean to Bar Chocolate Minimalの運営) 代表取締役社長
  • 今村健一 - 株式会社マーケットエンタープライズ 取締役・CFO
  • 長谷川悦子 - 株式会社esquisse 代表取締役
  • 黒沼賢人 - 株式会社Locare 代表取締役

関連グループ会社[編集]

関連サイト

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 代表挨拶”. 2014年3月10日閲覧。

外部リンク[編集]