山本圭亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
やまもとけいすけ(マツド・デラックス)
山本圭亮(マツド・デラックス)
生年月日 (1963-09-22) 1963年9月22日(58歳)
本名 山本圭亮
別名 マツド・デラックス
愛称 マツドさん・ヤマケイ・弁当箱さん
出身地 千葉県
出生地 東京都
学歴 松戸市立松戸高等学校
職業 アルミ弁当箱芸人・ライター・漫画原作者・音楽コラムニスト
所属 フリー
ジャンル アルミ弁当箱・昭和レトロ・音楽
活動内容 トークショー・講師・漫画原作者・コラム等
主な作品
時空探偵マツドデラックス・ガレージG・S・O 

 受賞歴 =

山本 圭亮(1963年9月22日 ‐ )は、日本の自動車ライター、音楽ライター、漫画原作者。

日本アルミ弁当箱協会会長、元軟式テニス選手である。

略歴[編集]

千葉県松戸市出身。松戸市立松戸高等学校卒。たけし軍団ラッシャー板前とは、中学・高校時代の同級生。阪神タイガース元監督の和田豊とは、小学校時代のソフトボールのチームメイト。

主な寄稿誌に「ハチマルヒーロー芸文社)」「660 magazine(芸文社)」「男子専科(ぶんか社)」がある。また主なWeb連載に「カレントライフ(CL)」「ミドルエッジ」がある。

又、なかがわひろき作画の「時空探偵 マツ・de・デラックス」「ガレージ G・S・O~外車王と呼ばれた男達」の原作を担当。音楽配信サイト「AWA」では公式プレイリスター(マツドデラックス)として活躍している。

その他、趣味だったアルミ弁当箱の収集から「日本アルミ弁当箱協会」を立ち上げ会長として「アルミ弁当箱芸人」と称しトークショー、展示会などを行っている。

ソフトテニス(軟式テニス)選手時代[編集]

1979年、千葉県松戸市立松戸高等学校に入学。同時に軟式庭球部に入部。1980年夏千葉県白子町で開催されたオールジャパン大会に団体、個人として出場。団体3位、個人4位の成績を収める。同年秋の千葉県大会では団体優勝。1981年度春にも千葉県団体優勝し関東大会に出場。神奈川代表の東海大相模に敗れるも準優勝となる。その中で「青木・山本」組としてメンバーの一員として活躍。この間、団体戦に於いては1度も敗れることは無かった。高校卒業時には亜細亜大学カワサキラケット等がスカウトに訪れたが実業団として活躍していた松戸市役所に就職。結果、日本リーグにて団体戦で活躍することになる。32歳で怪我で引退。

ライターとしての活動[編集]

1990年代後半からyahooブログにて「洋楽バカのオススメ洋楽」を開設。そこでマニアックな洋楽コラムを掲載する。人気コラムとして10年以上ブロガーとして活動したのち、芸文社のハチマルヒーロー編集部に声をかけられ「8年0組(ハチ年マル組と読む)洋楽先生!」を連載開始する。(NO21~NO40)又、同社の「660magazine」の創刊号にもMUSICコラムとして日本のアーティスト「フレデリック」について寄稿している。又、WEBマガジンの「Nosweb.jp」では「アルミ弁当箱」の連載も行っている。その他、男性ファッション雑誌「男子専科」にライターとして取材等で参加する。webマガジン「カレントライフ」に於いては「週刊中年フライデー」の編集長として寄稿。マニアックな自動車コラム等で一部のマニアに人気であった。その後「ミドルエッジ」において「マツドデラックス」として昭和を題材とした記事を多数掲載している。

漫画原作者としての活動[編集]

漫画原作として連載作品がある。基本的には「昭和」「車」等の題材が多い。

・時空探偵マツ・de・デラックス(ミドルエッジ連載 2017年4月4日~2017年11月22日)全23話 作画 なかがわひろき

・ガレージ G・S・O~外車王と呼ばれた男達(CL CARS連載 2019年3月16日~2019年5月25日)全6話 作画 なかがわひろき

音楽関係の活動[編集]

会場音楽の選定や音楽配信サイトAWAに於いての公式プレイリスターとしての活動が中心となっている。会場音楽に関しては「ノスタルジック2Days」(パシフィコ横浜)を2014年より担当 。「AWA」の公式プレイリスターに関しては、2018年9月より「まるでカセットテープのような」シリーズが好評で、現在(2020年3月現在)100以上のフォルダーを発表している。又、トークショーに於いて「プロレス入場曲 原曲集」を語り好評を得る。(2018年12月11日 新宿ゴールデン劇場)

トークショー、講演[編集]

昭和を題材にしたトークショーに出演している。多くは、「アルミ弁当箱」「プロレス入場曲」「旧車」を題材にしたものが多い。

ガレージングピクニック3rd.(旧車イベント)2018年5月27日(日)つくばみらい市

  「昭和におけるミニカーとモデルカー」

・「プロレス今日は何の日 爆論会」(プロレストークショー)2018年12月11日(火)新宿ゴールデン街劇場

  「プロレス入場曲 原曲集」ゲスト出演 

・「千葉県立松戸南高校」にて「クリエイティブ先生s」の講師として登壇。2019年6月24日(月)

  「まつど一のしくじり先生」(進路・人生観・仕事観を語る) 

アルミ弁当箱芸人[編集]

2017年に「日本アルミ弁当箱協会」を設立。初代会長となる。コレクションであるアルミ弁当箱(平成10年頃からコレクション)を用いてトークショーや講演を行う。

  • プロレス今日は何の日 爆論会」(プロレストークショー)2018年12月11日(火)新宿ゴールデン街劇場
    ゲスト出演し「タイガーマスク」「キン肉マン」「キックの鬼」等のアルミ弁当箱トークを行う
  • 福岡堰さくら祭り(つくばみらい市)内にてガレージングピクニック5rd.「アルミ弁当箱芸人が来る!」を開催。2020年3月28日(土)
    (コロナの為中止)
  • ミドルエッジチャンネルにてLiverとして水曜日担当としてアルミ弁当箱の世界を2020年10月14日(水)より生配信開始
  • VAZーSport根本純)主催の「THE 銀座 RUN」2020年11月8日(日)に出展展示。(自動車が描かれてるアルミ弁当箱中心に展示)
  • 株式会社大一アルミニウム製作所にアルミ弁当箱活動のサポートを受ける 2021年5月14日(金)
  • 芸文社のWeb旧車サイト「Nosweb.jp」に「あなたの知らないアルミ弁当箱の世界」が2021年7月19日より掲載開始される
  • VAZーSport根本純)主催の「THE 銀座 RUN2021」2021年11月14日(日)に2020年同様出展展示。(自動車が描かれてるアルミ弁当箱中心に展示)
  • マクラウド主催の「アメイジング商店街V3」に出展、展示。(2021年12月5日 産業貿易センター浜松町館4階)

番組出演[編集]

音楽、昭和を題材としたテーマでゲスト出演。

カラフルパレットのラジオ番組「ラジパレ」にゲスト出演。(1回目 2019年5月5日(日)FM世田谷、2回目 2019年5月7日(火)市川うららFM)

人物[編集]

小学生の頃、常連だったレコード屋で店番をする事になりそこで60年代、70年代、80年代の音楽と出会う。とはいえバイトの出来ない年齢だったので、報酬をすべてレコードでもらうことになる。この頃から「湯川れい子」のライナーノーツに憧れ、いつかは音楽ライターになりたいとの想いが発するきっかけでもあった。結果レコードを集め続け、高校生の時にはもう2,000枚を超えるコレクターに。同時に高校では軟式テニスで、オールジャパン大会の団体3位、個人4位の成績をあげセミプロとして実業団でプレーする。幼い頃から車が大好きでミニカーや自動車カタログ、プラモデル等のコレクションを初め様様なものをコレクションする癖がある。コミックやアルミ弁当箱、プロ野球カード、映画チラシ等もコレクションしている。又、自動車が大好きであり特に「旧車」に愛情を注いでいる。その旧車がライターデビューのきっかけ(ハチマルヒーロー)ともなった。ライター以前は旧車乗りとしても雑誌に掲載される事が多く「Charge」「ノスタルジックヒーロー」「Oidーtimer」「ジャーマン・カーズ」等に紹介されている。2016年には趣味が縁でなかがわひろきの漫画「時空探偵 マツ・de・デラックス」の原作を担当し、音楽配信サイト「AWA」では趣味の音楽を生かし公式プレイリスター(マツド・デラックス)として独特のプレイリストを発信している。2018年よりトークショー等にも登場し、「昭和」「プロレス入場曲」「アルミ弁当箱」等を題材に活躍している。[要出典]

外部リンク[編集]