山本保博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山本 保博(やまもと やすひろ、1942年 - )は、日本医学者医師医学博士

東京曳舟病院病院長、日本体育大学保健医療学部救急医療学科教授、日本医科大学名誉教授。専門は救急医学外傷外科学消化器外科学感染制御学[1]

人物[編集]

大塚敏文の後任として日本医科大学救急医学教室の主任教授を11年間に渡り務めた。後任の主任教授は、横田裕行

略歴[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]