山崎龍明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山崎 龍明(やまざき りゅうみょう、1943年 - )は、日本仏教学者・真宗学者。仏教学、特に親鸞、『歎異抄』を専門とし、著書、論文、講演(法話)など多数。またオウム真理教創価学会などの問題では、しばしばマスメディアに登場している。

略歴[編集]

1943年、東京都杉並区生まれ。龍谷大学文学部仏教学科真宗学専攻卒業、同大学院修士課程修了。武蔵野女子学院中学校・高等学校宗教科教諭本願寺教学本部講師、龍谷大学文学部、駒澤大学仏教学部非常勤講師を経て、武蔵野女子大学(現武蔵野大学)文学部日本語・日本文学科教授となる。のちに同大学仏教文化研究所所長を併任。2014年定年退職し武蔵野大学名誉教授の称号を受ける。同年株式会社佛教タイムス社第10代代表取締役社長に就任。

世界宗教者平和会議(WCRP)平和研究所副所長。東京都小平市浄土真宗本願寺派法善寺住職、同派布教使でもある。平和・民主・革新の日本をめざす全国の会(全国革新懇)代表世話人も務める。

学会活動[編集]

日本印度学仏教学会日本仏教学会日本仏教教育学会真宗連合学会会員。念仏者九条の会呼びかけ人。

著書[編集]

  • 『親鸞-ひとつの異端-』 (百華苑、1976年)
  • 『仏教の再生-親鸞・不退への道-』 (毎日新聞社、1984年。のち大法輪閣、2003年)
  • 『歎異抄の人間像』 (大蔵出版、1991年)
  • 『真宗と社会-「真俗二諦」問題を問う-』 (大蔵出版、1996年)
  • 『親鸞に人の生き方を学ぶ-「他力」と「浄土の思想」がよくわかる本-』 (中経出版、2004年)
  • 『目からウロコの親鸞聖人と浄土真宗』 (学研マーケティング、2006年)
  • 『親鸞と浄土真宗 知れば知るほど』 (実業之日本社、2006年)
  • 『 ひと目でわかる浄土真宗 』 (学研マーケティング、2005年)
  • 『妻恵信尼からみた親鸞 〈上〉 - 「恵信尼消息」を読む NHKシリーズ』 (NHK出版、2004年)
  • 『妻恵信尼からみた親鸞 〈下〉 - 「恵信尼消息」を読む NHKシリーズ』 (NHK出版、2005年)
  • 『歎異抄を語る 〈上〉 NHKシリーズ NHKこころの時代』 (NHK出版、2006年)
  • 『歎異抄を語る 〈下〉 NHKシリーズ NHKこころの時代』 (NHK出版、2006年)
  • 『こころの時代 宗教・人生 歎異抄を語る DVD-B〈(6枚組)〉』 (NHKエンタープライズ、2009年)
  • 『親鸞救いの言葉-生きる力がわいてくる』 (共著:奈良康明、春秋社、2009年)
  • 『ポケット親鸞の教え』 (中経出版、2009年)
  • 『初めての歎異抄 - 親鸞との出会い』 (NHK出版、2009年)
  • 『なぜいま「仏教」なのか - 現代仏教のゆくえ』 (永岡書店、2010年)
  • 『歎異抄とともに』 (永田文昌堂、2008年)
  • 『親鸞救いの言葉-生きる力がわいてくる』 (永岡書店、2010年])
  • 『詳解親鸞聖人と浄土真宗 宗教書ライブラリー』 (学研マーケティング、2010年)
  • 『真宗オリジナル伝道句350』 (四季社、2011年)
  • 『親鸞!感動の人生学 中経の文庫』 (中経出版、2011年)
  • 『浄土真宗とは』 (大法輪5月号、大法輪閣、2012年)

論文[編集]