山崎寿春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山崎 寿春(やまざき としはる、1878年 - 1964年)は、日本の教育者

来歴[編集]

1878年(明治11年)7月18日に鳥取市で生まれる。1902年に東京外国語学校を卒業後、高岡市立商業学校などで教鞭を執った後に米国へ留学する。リベラルアーツカレッジとして有名なアマースト大学や名門のハーバード大学などで学び、イェール大学大学院で英語学英文学を修める。帰国後は明治大学教授となり、1918年に東京高等受験講習会を神田錦町に設立する。受験勉強で心身を消耗する学生を憂え、知識や能率的な教育法による才能の開発を始めた。人間を尊重し、深い愛情に根ざした学問の楽しさを伝えることは、教育理念となってゆく。その後は、1927年に神田駿河台で駿台高等予備学校を創設し、1930年に駿台高等予備校として各種学校の認可を取得後、1952年に学校法人駿河台学園が設立される。山崎寿春の築いた土台は日本の教育に大きな足跡を残し、息子の山崎春之により駿台予備学校として発展した。昭和39年に86歳で没した。

参考文献[編集]