山口真理恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山口 真理恵
個人情報
誕生日 (1989-10-22) 1989年10月22日(27歳)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
ラグビーユニオン経歴
選手としての経歴
ポジション SO/WTB/FB
アマチュアクラブ
クラブ / チーム
2009-2012 Australasian College of Natural Therapy
プロ / シニアクラブ
クラブ / チーム キャップ (ポイント)
2012- ラガール7
国代表チーム
クラブ / チーム キャップ (ポイント)
2008- 日本
セブンズ代表チーム
クラブ / チーム トーナメント
2009 - 日本
獲得メダル
日本の旗 日本
女子 ラグビー
アジア大会
2014 仁川 7人制

山口 真理恵(やまぐち まりえ、1989年10月22日 - )は、日本の元女子ラグビー選手。神奈川県横浜市出身。元ラガール7所属。50m6.6秒の俊足。現・ブラジル在住。

経歴[編集]

汐入小学校でタグラグビーと出会い、寛政中学校では陸上部に所属しつつ地元の名門・関東学院大学OBによるシニアチーム「釜利谷クラブ」で本格的に取り組むようになる。同じく7人制日本代表鈴木彩香は小・中学校の同級生で親友。

横浜立野高校進学後は、社会人チーム「フェニックス」の一員としてプレーするとともにタグラグビー同好会を設立。高校ラグビーの名門・桐蔭学園高校にも出向き、男子に混じって練習もしていた。在学中、7人制U-23日本代表のセレクションに合格し、2007年香港セブンズに出場。15人制でもユース代表としてニュージーランド遠征を経験。

卒業後の2008年アジア女子ラグビー大会に出場する15人制日本代表に選出される。

2009年よりオーストラリアに留学。同年からは7人制フル代表に定着。7人制ワールドカップ東アジア大会にも出場。また、2010年に行われる15人制ワールドカップのアジア予選でも代表に選出された。

留学から帰国後は購買戦略研究所に勤務しながら2014年2月に退職し、個人スポンサー支援の下でプロ転向[1]

2014年アジア競技大会に出場する7人制日本代表にも選ばれ銀メダル獲得。

2017年4月14日、現役を引退したことが判明[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]