山内隆司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山内 隆司(やまうち たかし、1946年6月12日[1] - )は、大成建設代表取締役会長(2015年4月から)[2]

来歴[編集]

岡山県邑久町(現瀬戸内市)出身。大阪府立天王寺高等学校から、東京大学工学部建築学科[3] に進学し、内田祥哉研究室に在籍した[4][注 1]1969年5月[6] に卒業し[7]、同年6月に大成建設株式会社に入社[1]

ヒルトン東京そごう川口店、センシティタワーなどを手掛け、1999年6月に執行役員関東支店長となる。2002年4月常務役員建築本部長、2005年6月取締役専務役員建築本部長、2006年4月取締役専務役員社長室長などを経て、2007年4月代表取締役社長に就任(前任は葉山莞児[8][1]

2015年4月、村田誉之の社長就任にともない、代表取締役会長となった[2]

過去(2009年3月期連結決算)の最終赤字経験を通じて、健全・堅実な経営の必要性を社内全体で痛感したといい、「今後も(受注高や売上高ではなく)利益をしっかりと上げることに力点を置く」と、2015年1月に語った[9]。また、海外での受注を増やすことや[3]国立競技場建設[10] における外国人労働者の積極的導入の検討[11][12] など、グローバルな展開も視野に入れている。

役職[編集]

2020年現在

脚注[編集]

出典

  1. ^ a b c 大成建設 山内隆司の 世界の風に吹かれて(最終回) 地震に負けない国づくりを目指して - 週刊ホテルレストラン 2012年2月24日号掲載
  2. ^ a b 大成建設、村田取締役が社長に昇格・山内社長は会長に - MarketNewsline、2015年1月23日
  3. ^ a b 東大卒大手ゼネコン3社長 特別座談会 〜建築の再生へ向けて〜 - 東京大学 建築学専攻 2012.11.16 白石達大林組社長)、宮本洋一清水建設社長)、山内隆司(大成建設社長)、平手小太郎(東大教授)、藤井恵介(東大教授)、隈研吾(東大教授)
  4. ^ 鹿島と大成建設、トップ交代に残された宿題(2/2) - 東洋経済オンライン、2015年02月26日
  5. ^ 2009年11月06日(金) - 難波和彦+界工作舎
  6. ^ 代表取締役の異動(社長交代)に関するお知らせ 略歴 - 大成建設、2015年1月23日
  7. ^ No.095 2011.07.19 - テレビ東京戦士の逸品
  8. ^ 【経済インサイド】大林・鹿島・大成・清水「スーパーゼネコン社長交代ドミノ」幕開け…3社長が東大建築の“同窓”、濃密人脈で微妙な緊張関係 - 産経ニュース、2015年3月12日
  9. ^ 【未年に翔ける】大成建設社長・山内隆司さん(68) (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)、2015年1月3日
  10. ^ 新国立「100年はもつ施設に」…大成建設会長 - 読売新聞、2015年12月27日
  11. ^ 新国立競技場、隈研吾さんらの案に決定 - OurPlanet-TV、2015年12月22日
  12. ^ 新国立、僅差で大成建設のA案に決まった理由(2/3) - 東洋経済オンライン、2015年12月25日
  13. ^ 日建連、土工協、BCSが4月に合併へ - 建設通信新聞「2011年版 第9章 建設人の常識2011」
  14. ^ 役員 - 日本建設業連合会
  15. ^ 会長メッセージ - テクノオーシャン・ネットワーク

注釈

  1. ^ 建築学科の同級生には、難波和彦松波秀明がいる[5]
  2. ^ 合併して発足する前の建築業協会(BCS)では、会長を務めていた[13]