山下寿郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山下寿郎
生誕 1888年(明治21年)4月2日
山形県南置賜郡米沢
死没 (1983-02-02) 1983年2月2日(94歳没)
東京都文京区
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学
職業 建築家
受賞 藍綬褒章(1956年)
勲四等瑞宝章(1964年)
勲三等旭日中綬章(1972年)
所属 三菱合資会社
山下寿郎建築事務所(現・山下設計
建築物 霞が関ビルディング
NHK放送センター

山下 寿郎(やました としろう、1888年4月2日 - 1983年2月2日)は、日本の建築家昭和時代にかけて活躍。山形県米沢市出身。 昭和の初めに事務所を設立して以米、幾多の建物設計のなかで霞ヶ関ビルやNHK放送センター等が代表的な作。その一方で建築施工に関する研究も続け、また28年にわたり東京大学の講師として後進の指導にあたった。

概要[編集]

幼少期教育者であった父、新力から、米沢士族の子弟として、誇高く厳格な家庭教育を受けて成人した。叔父に当る山下源太郎海軍大将に深く私淑し、一生人生の師範として敬った。上京の後、旧制第一高等学校を経て、東京帝国大学工学部建築学科に学び、1912年明治45年)[元号要検証]に卒業。 当時から東京帝大の建築学科は高学年になると、学生夫々が専攻として意匠または構造のいずれかを択ぶことになっており、その選択は個人の自由意志であったが、学生達は将来の進路をここで極めて漠然としてこの二区分に分けられた。山下寿郎先生はその内の構造を択ん でいるという。

卒業後、三菱合資会社に入社。有能な建築技師として斯弄それぞれに嘱望された。 三菱銀行本店、丸ビルに携わる。

1917(T6)年、アメリカ、カナダヘ出張。

1920年1948年に東京帝国大学工学部、1925年1927年秋田鉱山専門学校の建築施工の講師を務めた。1923(T12)年、芝浦製作所勤務。1925年三井合名会社嘱託。

1928年5月に山下寿郎建築事務所(現・山下設計)を創立。1948年に同事務所を株式会社に改組。社長、会長を歴任した[1]。1981年に名誉顧問。

設計事務所の長としての山下は、温厚な中にも仕事の面では仲々厳しいところもあり、持前とされた温顔も、所内ではくずすことが殆んどなかったという。「建築はすべて人間の為に有る。それはすべて、人間生活の進化と向上に役立つものでなければならない」と言う建築に対する信念と、生来の正直で、人を偽らぬ真面目な生活態度は、人に愛され、終生変ることがなかったという。また信念をもったロータリアンで「Serviceabove Self!」と言う言葉を座右の銘とし、社会を重んじ、これに奉仕することをいつも念頭に置いていたという。

1953(S28) 年、極東建築士会会長。 1955(S30) 年、日本建築文献センター理事長。1955年に日本建築設計監理協会会長(1956まで)。

1956(S31)年、建設省中央建設工事紛争審査会会長(1966まで)。 1960(S35)年、東京都建築士審議会会長。 1964(S39)年、UIA要請により工業建築国際ゼミナールに参加(プタペスト)。

1964年、「建築工事における報酬加算式施工契約制の歴史的考察とその実際的運用に関する検討」で工学博士。

後年、日本建築士会会長などを務めた。また門下に池原義郎岡部憲明池田武邦らがいる。

日本初の超高層ビル霞が関ビルディング」(DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築選出)、NHK放送センターのほか、出身地である米沢市役所庁舎、仙台市役所庁舎などの設計を手掛けた[1]

1931年、帝都復典記念章。日本建築学会賞を「NHK放送センター総合施設計画」で1973年度、「霞が関ビル」で1968年度にそれぞれ受賞。

主な作品[編集]

著書・寄稿[編集]

  • 「実費報酬加算式施工契約に就て」『復興建築叢書』6 1924
  • 「契約・仕様・積算」『高等建築学』11 常磐書房、1937
  • 『報酬加算式建築施工契約制度』彰国社、1966
  • 『建築施工契約制度論攻』日本建築士事務所協会、1980

脚注[編集]

[ヘルプ]

[編集]

  1. ^ 原爆被災からの復旧設計。取り壊されるのは山下が関わった部分で、長野宇平治が設計した現存箇所は保存される方針。

出典[編集]

  1. ^ a b 『新版山形県大百科事典』p.731

参考文献 [編集]

  • 「山下寿郎設計事務所」『建築画報 』78 1973.3月号
  • 「私の受けた建築教育とその後」『建築雑誌』1975.12月号
  • 「名誉会員山下寿郎先生ご逝去」『建築雑誌』1983.4月号 
  • 『日本美術年鑑』1984年版 東京圃立文化財研究所・1986
  • 日本建築学会、1983年4月 『建築雑誌
  • 建築雑誌』 1989年5月号
  • 山形放送株式会社新版山形県大百科事典発行本部事務局編 『新版山形県大百科事典』 山形放送、1993年。
  • 新建築』 2007年9月号 

関連項目[編集]