尾小屋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
尾小屋駅
おごや
Ogoya
長原 (0.9km)
所在地 石川県小松市尾小屋町
所属事業者 尾小屋鉄道
所属路線 尾小屋鉄道線
キロ程 16.8km(新小松起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1919年(大正8年)11月26日
廃止年月日 1977年(昭和52年)3月20日
備考 路線廃止に伴い廃駅。
テンプレートを表示

尾小屋駅(おごやえき)は、かつて石川県能美郡西尾村(現・小松市尾小屋町)にあった尾小屋鉄道廃駅)である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

梯川支流である郷谷川の上に駅舎があり、駅構内の奥には車庫転車台があった[1]

駅周辺[編集]

当駅の東南側に尾小屋町(旧・西尾村)集落がある。さらにその奥には尾小屋鉱山跡がある。

現状[編集]

路線廃止後、駅跡は広場になっているが、旧駅舎の近くにホームと線路1線が残る。東京大学鉄道研究会とそのOBによる赤門軽便鉄道保存会によって駅構内跡に気動車キハ2客車ホハフ7静態保存されている。 当駅には他に、機関車5号蒸気機関車(2代)、気動車キハ3、客車ハフ1が保存、また機関車DC122が放置されていたが、前者3両は小松市の手によって「小松市立ポッポ汽車展示館」に移設し保存されている。また、2014年10月頃にはDC122が、栃木県那須烏山市那珂川清流鉄道保存会に無償譲渡された[2][3][4][5][6]

隣の駅[編集]

尾小屋鉄道
尾小屋鉄道線
長原駅 - 尾小屋駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]