少弐冬尚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

少弐 冬尚(しょうに ふゆひさ、享禄2年(1529年) - 永禄2年1月11日1559年2月18日))は、戦国時代大名少弐氏第十七代(最後)の当主。少弐資元の子。弟に千葉胤頼政興元盛。子に冬敬(ふゆたか)がいる。名乗りは祖先の少弐頼尚冬資父子に由来するものである。

1535年、父・資元が自害して少弐氏が一時的に滅亡すると、冬尚は龍造寺家兼ら家臣団の助けを受けて天文9年(1540年)に少弐氏の再興を果たした。しかし天文14年(1545年)、家臣の馬場頼周が家兼を妬んでその一族の大半を暗殺するという事件を起こしてしまう。このため、頼周は1546年に家兼の反攻にあって殺され、冬尚も家兼と対立することとなった。

その後、冬尚は家兼の曾孫・龍造寺隆信と争い、永禄2年(1559年)に勢福寺城で自害し、少弐氏は滅亡した。

のちに弟の少弐政興が馬場鑑周(あきちか、頼周の孫)らとともに少弐氏の復活を狙って旗揚げするも、果たせなかった。

生年の異説[編集]

冬尚の生年は通常1527~29年とされており、本項もそれを採用している。しかしながら、父・資元とは若干年が離れているが上に1517年に家督を継いでいるという記述が見られる書籍があるということから、1510年説として採用しているものも少なくない。横岳資誠に娘が嫁いでいる点についても、若干違和感があるため、1510年前後の誕生説が起きてもいささか問題はない。今後は冬尚の誕生年が大幅に繰り上がる可能性があり、議論の余地が残る。