勢福寺城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
勢福寺城
佐賀県
勢福寺城旧城部主郭
勢福寺城旧城部主郭
別名 成福寺城,清福寺城
城郭構造 山城
天守構造 不明
築城主 一色氏
築城年 文和2年/正平8年(1353年
主な城主 一色氏菊池氏少弐氏江上氏大友氏大内氏龍造寺氏
廃城年 天正17年(1589年
遺構 なし
指定文化財 なし
位置 北緯33度20分44.1秒
東経130度20分36.1秒
地図
勢福寺城の位置(佐賀県内)
勢福寺城
勢福寺城
遺構が残る城山(左)と周辺

勢福寺城(せいふくじじょう)とは、現在の佐賀県神埼市神埼町城原北外[1]にあったである。

概要[編集]

文和2年/正平8年(1353年)に九州探題一色範氏の子で肥前守護一色直氏により築城されたという。直氏は後に二代目の九州探題となる。その後菊池氏少弐氏大友氏大内氏龍造寺氏の城となった。

天文9年(1540年少弐冬尚が少弐氏を再興するが、 永禄2年(1559年)に龍造寺隆信に攻められ勢福寺城は落城する。その後龍造寺隆信の次男、江上家種が城主となったが、天正17年(1589年)に蓮池城に移り勢福寺城は廃城となった。

関連項目[編集]

脚注[編集]