コンテンツにスキップ

小早川元治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小早川 元治(こばやかわ もとはる、明治40年(1907年6月27日[1] - 没年不詳)は、日本の自動車技術者男爵小早川家の当主。位階は正五位。旧姓名は毛利元治。

略歴

[編集]

東京府出身。明治40年(1907年)、第29代毛利宗家当主の毛利元昭の次男として生まれる。その後、叔父にあたる男爵・小早川四郎の養子となる[2]広島の旧制崇徳中学校日本大学工学部を卒業。崇徳中学校時代には弁論部で活躍、大学時代にはディーゼル機関の研究を行っていた。卒業後は日産自動車の技術者となる。また、ジェントルマンドライバー (アマチュアドライバー) としても活動し、イギリスからMG・K3マグネットを入手して多摩川スピードウェイに参戦するなどしたという[3]

系譜

[編集]

脚注

[編集]

参考文献

[編集]