小川尚義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小川尚義

小川 尚義(おがわ なおよし、明治2年2月9日1869年3月21日) - 昭和22年(1947年11月20日)は明治から昭和前期の言語学者台湾語台湾諸語研究者、辞書編纂者。台北帝国大学名誉教授

長男(第4子)小川太郎は。戦後同和教育の一人者で全国部落問題研究協議会会長も務め、日本作文の会にも関わった。5女(第7子)吉野義子(松山市在住)は俳人

来歴[編集]

1869年(明治2年)2月9日(新暦では3月21日)、伊予国温泉郡(現在の愛媛県松山市勝山町)に士族・丹下尚逸・ムラの三男として生まれる。

1872年(明治5年)5月、松山・御宝町77番地(現在の松山市一番町2丁目3番)の小川武一の養子になる。

1883年(明治16年)、松山中学卒。

1887年(明治20年)9月、第一高等中学校予科入学。正岡子規と親しくなる。しかし89年脚気のため一時休学、留年。91年に本科一部(文科)に進学。

1893年(明治26年)9月、帝国大学文科大学博言学科(現東京大学文学部言語学科)入学、上田万年に師事。

1896年(明治29年)、帝国大学文科大学博言学科卒。同年10月、台湾総督府学務部に勤務。台湾語、ついで台湾原住民諸言語について研究。台湾総督府国語学校(現在の国立台北教育大学台北市立教育大学等)教授、台北高等商業学校校長兼任。

1930年(昭和5年)、台北帝大文政学部教授。

1936年(昭和11年)、台北帝大退官。学士院恩賜賞を受賞。故郷松山に帰り晩年は下掛宝生流謡曲に親しむ。

1947年(昭和22年)11月20日没。享年79。

栄典[編集]

逸話[編集]

  • 有名な俳人正岡子規は松山中学、一高、帝大の先輩にあたり、一高時代から交友ができた。小川が帝大を卒業した1896年7月に帰省する前、子規と会い、「十年の汗を道後のゆに洗へ」の句を贈られた。(道後温泉「椿の湯」湯釜にも刻印されているが、そこでは「ゆ」が「温泉」となっている)

著作[編集]

  • 『日台小辞典』(1897;上田万年との共著)
  • 『日台大辞典』(台湾総督府編、1907)
  • 『パイワン語集』(台湾総督府編、1930)
  • 『アタヤル語集』(台湾総督府編、1931)
  • 『台日大辞典』(台湾総督府編、上:1931、下:1932)
  • 『アミ語集』(台湾総督府編、1933)
  • 『原語による台湾高砂族伝説集』(台北帝国大学言語学研究室編、1935;浅井恵倫との共同調査をまとめたもの)
  • 『新訂日台大辞典』(台湾総督府編、1938上巻のみ刊行)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第1148号、「叙任及辞令」1916年05月31日。

関連資料[編集]

関連項目[編集]

  • 夏目漱石(一高で2年上)
  • 正岡子規(松山中学で3級=1年半上、一高で2年上)
  • 秋山真之(母方親戚筋、松山中学で1級=半年上)
  • 勝田主計(松山中学で2級=1年下、一高で同級)
  • 三並良(松山出身の牧師、ドイツ哲学者、小川にキリスト教入信を勧めた)
  • 浅井恵倫(言語学者、弟子)
  • 自由キリスト教(キリスト者としての小川が深く関係した)