浅井恵倫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浅井 恵倫(あさい えりん、1894年12月25日-1969年10月9日)は日本の言語学者台湾を中心としたオーストロネシア語族諸言語を研究。日本言語学会評議員、日本民族学会評議員、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所運営委員を歴任。石川県出身。

来歴[編集]

著書[編集]

  • 1935年小川尚義と共著) 『原語による台湾高砂族伝説集』台北帝国大学言語学研究室
  • 1959年 『メコン紀行―民族の源流をたずねて』東南アジア稲作民族文化総合調査団

関連資料[編集]