台湾総督府文教局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

台湾総督府文教局(たいわんそうとくふぶんきょうきょく)は、台湾総督府に置かれた内部部局台湾における文教・宗教・社会行政を管掌した。

概要[編集]

1895年(明治28年)5月、台湾総督府が設置され、その民政局学務部が設置された。これが文教局の嚆矢である。1897年(明治30年)11月、学務部が廃止された。

1911年(明治44年)10月、学務部が設置されたが、1919年(大正8年)6月に廃止された。

1926年(大正15年)10月、文教課が独立し文教局が設置され、1945年(昭和20年)10月に台湾総督府が廃止されるまで存続した。

沿革[編集]

  • 1895年(明治28年)5月 - 台湾総督府民政局に学務部を設置[1]
  • 1896年(明治29年) - 教務課、編纂課を置く。
  • 1897年(明治30年)11月 - 学務部が廃止され[2]、民政局に学務課を置く。
  • 1898年(明治31年)6月 - 民政局が民政部となる。
  • 1901年(明治34年)11月 - 民政部に総務局を設置し[3]、学務課が所属する。
  • 1909年(明治42年)10月 - 総務局を内務局に改編し[4]、学務課が所属。
  • 1911年(明治44年)10月 - 学務部を設置し[5]、学務課、編修課を置く。
  • 1919年(大正8年)
    • 6月 - 学務部が廃止され[6]、新に設置した内務局に学務課、編修課を置く。
    • 8月 - 民政部を廃止[7]
  • 1924年(大正13年)12月 - 学務課が文教課に名称変更。
  • 1926年(大正15年)10月 - 文教課が独立し文教局を設置し[8]、学務課、社会課、編修課を置く。
  • 1938年(昭和13年)8月 - 文教局に附属国民精神研修所を設置[9]
  • 1942年(昭和17年) - この年の設置課は、督学室、学務課、編修課、錬成課、社会課の一室四課。
  • 1943年(昭和18年) - この年の設置課は、学務課、編修課、錬成課、社会課の四課。

機構[編集]

1945年現在[10]

  • 文教局
    • 庶務係、教学課、援護課

関連する総督府所属官署として、台北帝国大学、官立学校、図書館、国民精神研修所、台湾神社臨時造営事務局、台湾総督府博物館などが置かれた。

歴代文教局長・学務部長[編集]

氏名 在任期間 備考
台湾総督府民政局学務部長
伊沢修二 1895年5月21日 - 1896年3月31日 心得
伊沢修二 1896年4月1日 - 1897年7月29日
児玉喜八 1897年7月30日 - 1897年11月1日 心得・1897.11.1以降、学務課長心得
(学務部廃止)
台湾総督府民政部学務部長
隈本繁吉 1911年10月16日 - 1913年9月30日 心得
隈本繁吉 1913年9月30日 - 1919年6月30日
(学務部廃止)
台湾総督府文教局長
木下信 1926年10月12日 - 1927年2月22日 事務取扱
石黒英彦 1927年2月22日 - 1929年8月10日
杉本良 1929年8月10日 - 1931年5月8日
大場鑑次郎 1931年5月8日 - 1932年3月15日
安武直夫 1932年3月15日 - 1935年4月1日
深川繁治 1935年4月1日 - 1936年10月16日
島田昌勢 1936年10月16日 - 1940年11月13日 心得
梁井淳二 1940年11月13日 - 1942年7月3日
西村高兄 1942年7月3日 - 1944年3月20日
森田俊介 1944年3月20日 - 1945年2月28日
成田一郎 1945年2月28日 - 1945年3月22日 事務取扱
西村徳一 1945年3月22日 -

脚注[編集]

  1. ^ 台湾総督府仮条例(明治28年5月21日)
  2. ^ 台湾総督府官制(明治30年10月21日勅令第362号)
  3. ^ 台湾総督府官制中改正ノ件(明治34年11月11日勅令第201号)
  4. ^ 台湾総督府官制中改正ノ件(明治42年10月25日勅令第270号)
  5. ^ 台湾総督府官制中改正ノ件(明治44年10月16日勅令第260号)
  6. ^ 台湾総督府官制中改正ノ件(大正8年6月28日勅令第311号)
  7. ^ 台湾総督府官制中改正ノ件(大正8年8月20日勅令第393号)
  8. ^ 台湾総督府官制中改正ノ件(大正15年10月12日勅令第321号)
  9. ^ 台湾総督府官制中改正ノ件(昭和13年8月4日勅令第554号)
  10. ^ 参考文献『台湾統治概要』「台湾総督府行政機構一覧表」。

参考文献[編集]

  • 台湾総督府編『台湾統治概要』明治百年史叢書、原書房、1973年(昭和20年刊の複製)。
  • 伊藤博文編『秘書類纂』台湾資料、明治百年史叢書、原書房、1970年(秘書類纂刊行会昭和11年刊の複製)。
  • 岡本真希子『植民地官僚の政治史 - 朝鮮・台湾総督府と帝国日本』三元社、2008年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。

関連項目[編集]