小宮路敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小宮路 敏(こみやじ さとし=通称びん)

小宮路 敏(こみやじ さとし、通称こみやじ びん、1936年昭和11年)1月8日 - 2018年平成30年)11月14日)は、昭和・平成時代に活動した日本音楽家作曲家)。元文部科学省認定小学校音楽教科書編集委員。

来歴[編集]

満州国大連市生まれ[1]鹿児島県出身。現在の鹿児島大学教育学部附属中学校から鹿児島県立鶴丸高等学校を経て、鹿児島大学教育学部音楽科で学ぶ[1]。鹿児島大学卒業後、鹿児島県揖宿郡開聞町(現・指宿市)の開聞中学校で音楽教師を4年間勤めた後、玉川学園創設者小原國芳に導かれ、東京都町田市にある玉川学園小学部にて32年間教鞭をとる。在職中、教え子3000人一人一人に写真や手書きで音楽の成長の記録のノートを作成。岡本敏明に作曲を学ぶ[1]。「歩いてゆこう」「もしもコックさんだったなら」「毛虫が三匹」「公園のベンチ」、「歩け若人」などを作曲する[2]。「歩いてゆこう」「もしもコックさんだったなら」は教育出版の小学校音楽の教科書に掲載された。また、「おかあさん、ありがとう」は、玉川学園小学部の保護者だった美空ひばりが、卒業式後の謝恩会の際に歌唱した映像が残されている。

ウチくる!?」に川上麻衣子が出演した際、小学校5年生時に玉川学園で担任だった小宮路が、最後のサプライズゲストとして登場した。

生前、20年以上毎日欠かさず「備忘録」を書き続けた。

主な著書[編集]

  • 『いのちにあふれる真の教育者をめざして』瀝々社
  • 『つたえよう手のぬくもりを』玉川大学出版部
  • 『楽しいリズムあそび』玉川大学出版部
  • 『歩いてゆこう』玉川大学出版部 - 作曲集

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c つたえよう手のぬくもりを リズム遊び - Google Books(奥付の著者紹介を参照)
  2. ^ 玉川の生活音楽 - 学校法人玉川学園(「玉川学園について」)

外部リンク[編集]