奥山貴宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

奥山 貴宏(おくやま たかひろ、1971年11月5日 - 2005年4月17日)は、日本作家フリーライター山形県出身。ロックバンドACIDMANボーカル&ギター大木伸夫の義兄。音楽、映像、パソコンなどのジャンルを得意とする。趣味はバイク

詳細[編集]

Before Cancer(ガン発覚前)[編集]

宮城県仙台市に生まれ、小学校から高校までを山形県で過ごす。2浪して日本大学芸術学部入学。卒業後、ワールドフォトプレスMdNリットーミュージックで編集の仕事に従事。2001年にフリーランスとなる。

After Disease(ガン発覚後)[編集]

風邪をこじらせたと思い病院に行くが、肺がんと診断され、2003年2月「余命2年」と宣告される。そして彼は自身のホームページの日記に「助かりたい、死にたくない」といったものを出来るだけ排除した、かつてないスタイルの闘病記をつづりはじめる。

本人は喫煙者だったが、ガンの原因は年齢的に先天的な要因との分析がなされている。

「自分らしさ」を貫こうとする彼の生き方に共感した若い世代から大反響を呼び、日記は2003年11月『31歳ガン漂流』として書籍化される。

2004年6月に新たにブログ『32歳ガン漂流エヴォリューション』もスタートさせた。2005年3月には書籍版『32歳ガン漂流エヴォリューション』が刊行。

2005年4月、念願だった小説『ヴァニシング・ポイント』を発売。

発売を見届けたかのように小説発売の3日後に死亡する。余命宣告から2年4ヶ月後だった。33歳没。ブログの最後の文章は「死にたくないな。書店で会いたい。本屋でセットで買ってくれ」。

2005年7月、『33歳ガン漂流ラスト・イグジット』刊行。

書籍[編集]

2004年4月~2005年1月の日記とブログに加筆修正したもの。装画はやまだないと。

どれもオーディオブック化されており、ナレーターは伊原農が担当している。

テレビ番組[編集]

  • ジェネジャン(2003年12月・2004年12月、日本テレビ系)
    「命」をテーマに徹底討論した。
  • ETV特集 俺を覚えていて欲しい~ガン漂流・作家と読者の850日~(2005年7月、NHK教育)
    「生きている自分の姿を映像でも残したい」と撮影を大学の同期の親友に依頼したもの。
    ナレーションは松浦亜弥が担当。起用理由は奥山自身が心待ちにしていた彼女への取材が病気治療により実現しなかった(番組内で紹介された日記にも書かれていた)ためと思われる。

外部リンク[編集]