奈良県立奈良北高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
奈良県立奈良北高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 奈良県の旗奈良県
学区 全県一学区
併合学校 奈良県立北大和高等学校
奈良県立富雄高等学校
校訓 自律 共生 創造
設立年月日 2005年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
理数科
学期 3学期制
高校コード 29150B
所在地 630-0131
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

奈良県立奈良北高等学校(ならけんりつならきたこうとうがっこう、英語表記 Nara Prefectural Narakita Senior High School)は、2005年(平成17年)に、奈良県立北大和高等学校と奈良県立富雄高等学校を統合し、設置された奈良県生駒市に所在する公立高等学校。略称「北高(きたこう)」。

設置学科[編集]

  • 普通科
  • 理数科 - 理数科設置に伴い実験設備が大幅に見直された。また、理科・数学科の教員が増員された。

概要[編集]

旧北大和高校校地を受け継ぐ。校舎は高台にあり、周辺は閑静な住宅街である。学校の西側には富雄川が流れている。 行事としては北稜祭と呼ばれる文化祭、体育大会、球技大会などがある。四年制大学に進学する者が多い。

校章[編集]

校章は、北極星茶筅を図案化したものである。茶筅の図案化は、同校にほど近い生駒市高山町の伝統工芸品である高山茶筌に由来するものである。 また、前身校である北大和高校の校章は、さくら茶筅を図案化したものであった。

沿革[編集]

  • 1974年(昭和49年)奈良県立北大和高等学校が開校。
  • 1984年(昭和59年)奈良県立富雄高等学校が開校。
  • 2005年(平成17年)北大和高校と富雄高校が統合し、奈良県立奈良北高等学校が開校。理数科を設置。
  • 2005年(平成17年)北大和高校と富雄高校が廃校[1][2]。10月1日に開校記念行事を実施[3]
  • 2007年(平成19年)奈良教育大学と融合理数事業に関する協定締結。[4]
  • 2010年(平成12年)畿央大学と高大連携協定を締結。[5]
  • 2013年(平成25年)奈良北高等学校創立10周年・学校創立40周年。同年12月に創立記念事業を実施[6]同志社女子大学と教育連携協定を締結。[7]

部活動[編集]

部局[編集]

  • 放送局
  • 新聞局

文化部[編集]

  • 吹奏楽部
  • コーラス部
  • コンピューター部
  • 書道部
  • 科学部
  • 美術部
  • ESS部
  • 茶道部
  • 華道部
  • 写真部
  • 映画研究部
  • 漫画研究部
  • 文芸部
  • 人権文化研部

運動部[編集]

  • バスケットボール部
  • ハンドボール部
  • バレーボール部
  • 野球部
  • サッカー部
  • ソフトテニス部
  • 陸上競技部
  • 自転車競技部
  • 水泳部
  • 弓道部
  • 剣道部
  • 卓球部

交通[編集]

  • 近鉄奈良線 富雄駅から奈良交通バス(151 - 155系統)10分「出垣内(でがいと)」下車、徒歩7分
  • 近鉄奈良線 学園前駅から奈良交通バス(19系統)12分「奈良北高校」下車すぐ ※登下校時間帯のみ運行
  • 近鉄奈良線 学園前駅から奈良交通バス(125 - 128・135 - 138・260系統)10 - 15分「真弓四丁目」下車、徒歩8分
  • 近鉄けいはんな線 白庭台駅から東へ徒歩15分
  • 近鉄けいはんな線 学研北生駒駅から南へ徒歩15分

主な出身者[編集]

旧・北大和高等学校の主たる出身者[編集]

奈良北高等学校の主たる出身者[編集]

  • 山本元喜 (2010年卒)- 自転車ロードレース選手

高大連携[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2004年度(平成16年度)入学生徒が卒業した2007年(平成19年)3月をもって廃校。
  2. ^ 2005年(平成17年)4月から2007年(平成19年)3月までの2年間、校門および地図上では「北大和高」「奈良北高」と併記されていた。
  3. ^ 宇宙飛行士の毛利衛が、「宇宙の地球人としての私 たち」と題して講演をおこなった。(奈良県教育委員会メールマガジン 第57号 平成17年10月1日(土) )
  4. ^ 融合理数事業に関する協定締結【2007年2月2日】
  5. ^ 2010年7月23日 奈良県立奈良北高等学校と連携協力を締結
  6. ^ 同年12月1日に、創立記念事業を、同校において実施。日本女子サッカー代表選手の丸山桂里奈が、サッカーの夢や希望についての講演をおこなった。講演題目は、「自分信じ夢に向かって」
  7. ^ 奈良県立奈良北高等学校との教育連携協定調印式(2013年7月26日)


関連項目[編集]

外部リンク[編集]