若林克法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
若林克法
生誕 奈良県
国籍 日本の旗 日本
研究分野 ナノテクノロジー、物性理論
研究機関 関西学院大学物質・材料研究機構筑波大学京都大学広島大学スイス連邦工科大学チューリッヒ校、アトムテクノロジー研究体
出身校 筑波大学
博士課程
指導教員
藤田光孝, Manfred Sigrist
主な業績 グラフェンリボンの理論
主な受賞歴 2003年日本物理学会論文賞, 2011年文部科学大臣表彰, 2017年日本学術振興会賞
プロジェクト:人物伝

若林 克法(わかばやし かつのり、Katsunori Wakabayashi, 1972年12月 - )は、:日本の物理学者ナノテクノロジーの研究者。現在、関西学院大学理工学部教授。藤田光孝博士とナノグラファイトおよびナノグラフェンに関する理論的研究について先駆的な研究を行った。

略歴[編集]

受賞歴[編集]

代表的な業績[編集]

  • M. Fujita, K. Wakabayashi, K. Nakada, K. Kusakabe, Peculiar Localized State at Zigzag Graphite Edge, J. Phys. Soc. Jpn. 65 (1996) pp. 1920-1923 doi:10.1143/JPSJ.65.1920
  • K. Wakabayashi, M. Sigrist and M. Fujita, Spin Wave Mode of Edge-Localized Magnetic States in Nanographite Zigzag Ribbons, J. Phys. Soc. Jpn. vol. 67, 2089 (1998). doi:10.1143/JPSJ.67.2089
  • K. Wakabayashi, M. Fujita, H. Ajiki, M. Sigrist, Electronic and magnetic properties of nanographite ribbons, Phys. Rev. B 59, 8271 - 8282 (1999) doi:10.1103/PhysRevB.59.8271
  • K. Wakabayashi, Electronic transport properties of nanographite ribbon junctions, Phys. Rev. B, vol. 64, 125428 (2001). doi:10.1103/PhysRevB.64.125428
  • K. Wakabayashi and M. Sigrist, Zero-Conductance Resonances due to Flux States in Nanographite Ribbon Junctions, Phys. Rev. Lett. vol. 84, 3390-3393 (2000). doi:10.1103/PhysRevLett.84.3390
  • K. Wakabayashi, Y. Takane and M. Sigrist, Perfectly Conducting Channel and Universality Crossover in Disordered Graphene Nanoribbons, Phys. Rev. Lett. vol. 99, 036601 (2007). doi:10.1103/PhysRevLett.99.036601

参考文献[編集]

  1. 日本物理学会会誌解説 若林克法、草部浩一著、グラファイトシートの電子物性 : ナノグラフェン http://ci.nii.ac.jp/naid/110006664597

脚注[編集]

関連項目[編集]