太田泰治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

太田 泰治(おおた たいじ、1887年1月25日 - 1960年2月12日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将

経歴[編集]

岡山県出身。太田吉三郎の二男として生れる。岡山津山中学校を経て、1909年11月、海軍兵学校37期)を卒業し、翌年12月、海軍少尉任官。1916年12月、海軍砲術学校高等科を卒業し、以後、「薩摩」「浅間」「扶桑」の各分隊長、「澤風」砲術長、東郷平八郎元帥副官、「三日月」「初雪」の各駆逐艦長、横須賀鎮守府参謀海軍省軍務局員などを経て、1926年6月から翌年1月にかけて欧米に出張した。

人事局員(第1課)、「加古」「榛名」の各副長、運送艦「洲埼」・「大井」・「浅間」の各艦長、軍務局第2課長などを歴任し、1936年12月、海軍少将に進級した。横須賀人事部長、軍令部出仕、第4根拠地隊司令官海南島)、軍令部出仕、興亜院廈門連絡部長官などを経て、1940年11月、海軍中将に進級した。

1941年5月、興亜院華中連絡部長官となり、軍令部出仕を経て、1942年12月、第3南遣艦隊司令長官に着任し、フィリピン方面の作戦指揮を行った。軍令部出仕を経て、1944年1月、予備役に編入された。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。