太占

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

太占(ふとまに)とは、卜占の一種で、「太兆」「布斗麻邇」とも[1]

概要[編集]

牡鹿(おじか)の肩甲骨を[2]波波迦(ははか)(カニワザクラ、カバザクラ、カンバなど上溝桜(うわみずざくら)の古名[3])の樹皮を炭火にしたもので焼き、その町形( まちがた、骨の表面の割れ目の模様[4]))によって占う[1][4][3](『古事記』天岩屋戸段[5])。鹿の骨を用いることから鹿占(しかうら)とも称される[1]。「ふと」は美称[4]

古代日本において行われた[1]。『古事記』では、伊弉諾(いざなき)尊、伊弉冉(いざなみ)尊が国土生成のおりに、いかにして良き子を得ることができるか問うたところ、天つ神(あまつかみ)が太占によってうらなって教えてくれた、とみえる[5]。『魏志倭人伝』に「骨を灼きて以って吉凶を占う」とあるのはこの太占のこととされる[3]

のちに、中国から亀卜(きぼく)の方法が伝わるとこれを神祇官卜部氏が管掌して廃れた[6][3]が、現在でも東京都の武蔵御嶽神社[7]、群馬県の貫前神社[8]で行われている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 百科事典マイペディア『太占』
  2. ^ 大辞林 第三版『太占』
  3. ^ a b c d 日本大百科全書『太占』
  4. ^ a b c ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『太占』
  5. ^ a b 世界大百科事典 第2版『太占』
  6. ^ 世界大百科辞典『占い』
  7. ^ 武蔵御嶽神社HP http://www.musashimitakejinja.jp/jinja-hp_024.htm
  8. ^ 富岡市観光情報サイトとみおか浪漫紀行 http://www.city.tomioka.lg.jp/tourism/001/002/

関連項目[編集]