フトマニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フトマニ』は、ホツマツタヱと同様の文字ヲシテで書かれた古文書である。

概要[編集]

ホツマツタヱ』『ミカサフミ』が「歴史書」であるのに対し、『フトマニ』は占術と関係の深い歌集である。『フトマニ』によれば編集者はアマテルカミ(天照大神)である。『ホツマツタヱ』『ミカサフミ』と同様に、確実に遡ることができるのは江戸時代までである。「太占」と漢字表記することもあるが、「太占」は亀の甲羅をつかった占いであり、ヲシテで書かれた『フトマニ』とは別のものである。

伝承[編集]

『フトマニ』によると、成立は『ホツマツタヱ』『ミカサフミ』と同様に漢字伝来以前であるが、現在発見されている最古の写本は江戸時代のもので、確実に遡ることができるのもそこまでである。1967年、松本善之助が再発見した。

構成[編集]

冒頭にミワノスヱトシ(三輪大臣季聰)の序文があり、続いて「モトアケ」(後述)、そして128首のワカ(和歌)が載せられている。

モトアケ[編集]

モトアケ(小笠原長武写本)。
下部の漢字は伝承中に追加された解説文。

フトマニによれば、「モトアケ」とは、古代人の宇宙観の象徴である。同心円を中心から放射状に配された線分で区切ったものに、文字を一文字ずつを配したものである。

フトマニの構造[編集]

フトマニは、「モトアケ」と呼ばれる図をもとに占うものである。「モトアケ」は大宇宙をかたどったものとされる。具体的には、アワウタの48音と「アウワ」が円形に並べられたものである。

  • 中央の輪 アウワ(モトモト、ナカミクラ)
  • 1番目の輪 トホカミヱヒタメ(ヤモト、ヤモトカミ)
  • 2番目の輪 アイフヘモヲスシ(アナミカミ)
  • 3番目の輪 その他の音韻(ミソフカミ)

という構造になっている。トホカミヱヒタメとアイフヘモヲスシを合わせて「アナレ」とも言う。ミソフカミとは、アワウタの48音から、トホカミヱヒタメとアイフヘモヲスシの16音を除いた32音のことである。

「モトアケ」図の配列は、ある「法則」に基づいている。その法則とは、「モトアケ」図の文字の「記載順」と「読み方順」が違うことである。例えば「モトアケ」図の内側の2番目の円が、右回りに「ア」から「アヘスイモシフヲ」の順に右回りに記載されている。それに対し「モトアケ」図の読み方は、「アイフヘモヲスシ」の順である。「モトアケ(フトマニ)図の配列の「ある法則」に付いての表現は、吉田六雄の命名。根拠は「検証ホツマツタヱ 32号(2007年8月)」にて、公にされている。

参考文献[編集]

フトマニの原文を開示した資料[編集]

  • 池田満・編集『新訂 ミカサフミ・フトマニ』展望社(日本ヲシテ研究所) 初版 平成24年(2012年)4月11日 ISBN 978-4-88546-238-2ヲシテ表記・フリガナつき・校異の頭注付き・『フトマニ』解説付き・写植活字組み版
  • 松本善之助・監修 池田満・編集『校註 ミカサフミ・フトマニ』展望社(ホツマ刊行会) 初版 平成11年(1999年)11月1日 ISBN 4-88546-023-9 ISBN 978-4-88546-023-4 ※ヲシテ表記・フリガナつき・校異の頭注付き・写植活字組み版
  • 池田満・著『記紀原書ヲシテ 下巻』展望社(ホツマ刊行会)初版 平成16年(2004年)8月1日 ISBN 4-88546-116-2 ISBN 978-4-88546-116-3自費出版・ヲシテ表記・フリガナなし・校異の頭注付き・写植活字組み版

フトマニの解釈を試みた資料[編集]

  • 吾郷清彦・著『日本建國史 全訳・ホツマツタヱ』(株式会社・新國民社)初版 昭和55年(1980年)2月11日 ※ひらがなカタカナ表記・現代語訳
  • 朝倉 淳雄・著『ホツマ・フトマニ128の真実―神勅基兆伝二瓊麻迩全講解』(今日の話題社)初版 平成17年(2005年)11月21日 ISBN 4-87565-561-4 ISBN 978-4-87565-561-9自費出版ヲシテ表記・フリガナつき・現代語訳(誤訳が多いので注意)

フトマニの現代語訳を試行した文献、サイト[編集]

  • フトマニ講座 (ホツマツタヱ研究家 吉田六雄):当サイトにて解説(フトマニを述ぶ、1~11、114、116)し、逐次更新中。

外部リンク[編集]