大阪電子専門学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大阪電子専門学校学舎

大阪電子専門学校(おおさかでんしせんもんがっこう)は、学校法人木村学園が運営する、大阪市天王寺区にある専修学校。全員進級、全員卒業、全員就職をめざすため、クラス担任制を採用している。卒業生の数は現在約3万人。略称はOEC。「プロフェッショナルスクール(仮称)」への校名変更が予定されている[1]

沿革[編集]

  • 1946年 - 「大阪ラジオ電波研究所」として開校
  • 1957年 - 「近畿電波技術学校」と改称
  • 1965年 - 学校法人「木村学園」の設立認可を受け、「大阪電子専門学校」と改称
  • 1976年 - 専修学校制度の発足に伴い、いちはやく専門学校に昇格認可される。電子工学科において、第2級陸上無線技術士および、第1級総合無線通信士の予備試験免除の認定校となる
  • 1988年 - 情報処理科拡充のため、CAI教育対応のパソコン設備を増設。さらにHITAC M-240H大型電算システム導入
  • 1991年 - 工事担任者国試の基礎科目免除校となる。音響レコーディングスタジオに、教育界初・40chコンピュータミキシングコンソールを導入
  • 1993年 - 各校舎を統合した先進テクノロジーワールド総合校舎(地上9階建)完成
  • 1995年 - 「専門士」の称号付与
  • 1996年 - 第2級陸上特殊無線技士長期養成課程認可校となる。「情報化人材育成学科」認定される。創立50周年を迎える
  • 1997年 - 「舞台機構調整技能士」「電子機器組立て技能士」労働省国家資格指定校により受験資格の取得。文部省より依頼された国費留学生の受入を始める
  • 1998年 - 通産大臣より第2種電気工事士養成施設の指定を受ける。文部省認可CG-ARTS協会よりCG教育校として認定。DML(デジタルメディアラボ)が完成
  • 2000年 - 工事担任者デジタル1種養成課程の認可を受ける
  • 2001年 - ネットワーク実習室が完成
  • 2002年 - 音響照明システムをリニューアル
  • 2004年 - 国土交通省より、2級電気工事施工管理技術検定受験資格認定校となる
  • 2005年 - 国土交通省より、1・2級電気工事施工管理技術検定受験資格認定校となる
  • 2006年 - 基本情報技術者と初級システムアドミニストレータの午前試験免除認定を受ける
  • 2011年 - 創立65周年を迎える
  • 2016年 - 創立70周年を迎える

学科・コース[編集]

  • 電子工学科(2年制)
    • 電子コース
    • 家電サービスコース
    • ロボットコース
    • 情報通信コース
    • オーディオコース
  • 情報エンジニア科(2年制)
    • グラフィックデザインコース(2018年開設予定。コンピュータグラフィックスのデザインのコースであり、グラフィックデザインのコースではない[2]
    • パソコンメンテコース
    • ITコース
    • ネットワークコース
    • Webデザインコース
    • プロダクトデザインコース
    • デジタルものづくりコース(募集停止中)
    • ITライセンスコース(募集停止中)
    • コンピュータグラフィックスコース(募集停止中)
    • アニメーションコース(募集停止中)
  • 電気設備科(2年制)
    • 電気設備コース

出身者[編集]

所在地[編集]

  • 〒543-0043 大阪市天王寺区勝山4-5-6

最寄り駅は、JR大阪環状線桃谷駅

グループ校[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 教員<教員経験不問!>エン・ジャパンの転職情報サイトに掲載された求人広告。この中に、「真のプロフェッショナル養成機関を目指し、校名も「プロフェッショナルスクール(仮称)」に変更予定です」という記述がある。
  2. ^ グラフィックデザインコース(公式サイト)

座標: 北緯34度39分17.5秒 東経135度31分35秒