和歌山県道・大阪府道64号和歌山貝塚線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
主要地方道
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
和歌山県道64号標識
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
大阪府道64号標識
和歌山県道64号 和歌山貝塚線
大阪府道64号 和歌山貝塚線
主要地方道 和歌山貝塚線
起点 和歌山県和歌山市布施屋【地図
主な
経由都市
大阪府
阪南市泉南市泉佐野市
終点 大阪府貝塚市澤【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0024.svg 国道24号
Japanese National Route Sign 0481.svg 国道481号
Japanese National Route Sign 0026.svg 国道26号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

和歌山県道・大阪府道64号 和歌山貝塚線(わかやまけんどう・おおさかふどう64ごう わかやまかいづかせん)は、和歌山県和歌山市から大阪府貝塚市に至る府県道主要地方道)である。

概要[編集]

大阪府泉南市内の南行き一方通行区間の一つ(泉南市信達大苗代地内、写真右方向)。写真中央で左へ分岐する府道252号の一部区間が、北行きの代替迂回ルートの一部を構成している

和歌山市布施屋(ほしや)からまず、北上し紀ノ川を渡り、田園地帯を抜けると、雄ノ山峠(おのやまとうげ)がある。雄ノ山峠付近は、和歌山市岩出市を交互に通過する。他に阪和自動車道や、JR阪和線もこの峠を通っている。このルートは他の大阪・和歌山の府県境の峠のなかでも道が狭路区間が多い部類に当たる。そのために、かつては山中渓近辺などで珍しい交互通行の信号が存在した。

大阪府に入り、山中渓駅和泉鳥取駅を過ぎて右折すると、住宅街の中を通る狭路区間に入る。泉南市内には、起点方向への一方通行区間が3箇所存在する。

明治大橋を渡ると泉佐野市に入る。この市の安松南交点までは狭路区間である。長滝西交点を左折すると、再度、起点方向への一方通行区間が数十メートル程度存在する。さらに佐野高校付近まで狭路区間(国道481号交点付近は片側1車線道路)を道なりに進むと、泉佐野市街地に出る。左折後、国道26号を渡り、警察署の前を右折。道なりに進んでいくと、再び国道26号と交わる。貝田交点から大阪府道30号と重複し、貝塚市に入った後、橋本交点で左折。再度国道26号を越え、終点・二色の浜(にしきのはま)を目指す。

府県境には雄ノ山峠があり、阪和自動車道JR西日本阪和線が並行している。

路線データ[編集]

歴史[編集]

  • 1993年平成5年)5月11日 - 建設省から、府県道布施屋貝塚線・府道貝塚熊取線の一部・府道二色浜公園線が和歌山貝塚線として主要地方道に指定される[1]

路線状況[編集]

別名[編集]

重複区間[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

和歌山県道・大阪府道64号和歌山貝塚線
大阪府泉佐野市上町一丁目)

和歌山県和歌山市

大阪府阪南市

大阪府泉南市

大阪府泉佐野市

大阪府貝塚市

沿線にある施設など[編集]

その他、街道沿いにいくつもの古い道標が見られる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目[編集]