雄ノ山峠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雄ノ山峠の位置(日本内)
雄ノ山峠
雄ノ山峠
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
和歌山県道64号標識
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
大阪府道64号標識

雄ノ山峠(おのやまとうげ)は、和歌山県和歌山市岩出市にあるである。標高180m。

概要[編集]

渡辺津熊野三山を結ぶ熊野街道熊野古道)、重複して、大坂和歌山を結ぶ紀州街道の途中にある。峠の約2km北側は和泉国紀伊国の国境(現在は大阪府と和歌山県の府県境)となっており、境橋が存在する。

熊野参詣が盛んになる以前、平安遷都の直後に官道としての南海道のルートが雄ノ山峠越えに変更されており、紀泉国境の主要ルートとして古い歴史を有する。

現在は街道を継承する和歌山県道・大阪府道64号和歌山貝塚線のほかに、阪和自動車道も地上を通っており、幅の広い切り通しのある交通の要所となっている。JR西日本阪和線がこの付近の地下をトンネルで通過し、近辺には山中渓駅などがある。

関連項目[編集]

座標: 北緯34度17分35.9秒 東経135度16分17.9秒 / 北緯34.293306度 東経135.271639度 / 34.293306; 135.271639