大田皇女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大田皇女(おおたのひめみこ、生年不詳 - 天智天皇6年(667年2月頃)は、飛鳥時代皇族。天智天皇の皇女。母は蘇我倉山田石川麻呂の娘・遠智娘。同母妹に鸕野讚良皇女(持統天皇)。同母弟に建皇子がいる。

同母妹・鸕野讚良皇女とともに大海人皇子(天武天皇)の妃となり、大伯皇女大津皇子を生むが、夫の即位前に死ぬ。死亡当時大伯皇女は7歳、大津皇子は5歳で、母方の祖父である天智天皇に引き取られたという。祖母・斉明天皇、叔母・間人皇女(天智の妹。孝徳天皇皇后)とともに葬られた。

同母妹・鸕野讚良皇女がのちに皇后となったことからみても、長生きしていれば天武の皇后となったかもしれない妃であった。大津皇子にとってこの母を早くに亡くしたことは、皇后所生の草壁皇子との後の対立を含め、人生に大きな影響を与えたと思われる。

2010年奈良県明日香村牽牛子塚古墳のそばから新たに石室が出土し、越塚御門古墳と命名された。『日本書紀』に記述されている斉明天皇のとの位置関係から、一部では大田皇女の墓であることが決定的であると報じられた[1][2][3]

血縁[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 牽牛子塚古墳は斉明天皇陵か、実証の小古墳発見 : 文化 : 社会 : YOMIURI ONLINE 読売新聞2010年12月9日 2010年12月閲覧
  2. ^ 「大田皇女の墓か石室を新たに発見 牽牛子塚古墳」:イザ!産経新聞2010年12月9日 2010年12月閲覧
  3. ^ クローズアップ2010:「斉明陵」前・孫娘の墓 広がる食い違い - 毎日jp毎日新聞2010年12月10日 2010年12月閲覧