新田部皇女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

新田部皇女(にいたべのひめみこ、? - 文武天皇3年9月25日699年10月23日))は、天智天皇の皇女。母は橘娘(父:阿倍内麻呂)。同母の姉に明日香皇女。699年に死亡した時、葬儀には皇族・臣下および百官の人々が参列するようにとがあった。

血縁[編集]