大江皇女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大江皇女(おおえのひめみこ、生年不詳 - 文武天皇3年12月3日699年12月29日))は、飛鳥時代皇族天智天皇皇女、母は忍海造色夫古娘。同母弟妹に川島皇子泉皇女がいる。

息子弓削皇子の死後、後を追うように699年12月3日に薨去した。皇女かつ天皇の后の一人でありながら史料への露出は乏しく、事績は不明な点が多い。

血縁[編集]